1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
オルフェンズ
2017-04-03 Mon 09:13

 オルフェンズ、終わりました。 
 ああああ。

 なんか、後半のほんわかでごまかしてるけど、悲惨すぎだろう。
 まあ、仮にオルガが生き残ってたら、それはそれでまた戦いの道が待っていたんだろうけどね。
 オルガと三日月という戦いに特化した二人が消えたからこその、安寧、っていう皮肉。

 つか、そのそもマクギリスが求めた世界を、その敵が実現するという皮肉。
 「世界は残酷なのよ」と、どっかの女性がつぶやいてそうだ。

 ともあれ、<ガンダム>を背負うのことが、一番残酷だったかもねと思うのである。
 あと、あまりにもバックボーンをはしょりすぎてる。
 コードギアスもたいがいだったけど(小説で補完しましたよさすがに)これは、そういうのも全部無視した感じ。
 結局、オルフェンズ=孤児、っていうのも最終回終わってネットのまとめとか見てて、ようやく知ったぐらいだし、テラフォーミングなんですよ、って言われてもあまりにも都合よさげだし(つか空気がある以上、宇宙から撃っても、いくら垂直にいれても摩擦熱で結構溶けるだろうに)厄災戦も、言われるだけでよくわからんし…。
 本当に<無知は罪>ってことなのね。
 
 と、キャラも都合よすぎて…。
 フラグのたてるのがひどすぎたよ。
 
 うーん。
 マクギリスが、結局のところただの夢想家だった、っていうのは一周回って面白くはあったんだけどね。
 が、そのための叩き台に鉄華団が使われたというのが、やっぱりな。

 …クーデリアが「お嬢」って呼ばれてて、で、どっかの武器商人思い出したよ。
 クーデリアが、歪んだ世界平和にすすみませんようにww




機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ COMPLETEBEST(期間生産限定盤~2017/09/30)
ヴァリアス
SACRA MUSIC (2017-05-17)
売り上げランキング: 6

TVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』 Original Sound Tracks II
横山克
ランティス (2017-03-29)
売り上げランキング: 95

スポンサーサイト
別窓 | アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
2016 1月~3月 ラス前
2016-03-20 Sun 21:47

 相変わらず放置で…。

 今期、もうすごかった。
 なんといっても「昭和元禄落語心中」
 も、声優さまの技のすごさで打ちのめされました。耳福すぎて、終わるのが心底いや。
 石田彰さま、ホントすごい。
 老境になって名人になっている落語に、始めたばかりでおぼつかない寄席に、自分の世界を得た瞬間、それぞれをきっちり演じ分けてる。つか、過去話をしてる時に、ふいに語っている老人の声が入るところとか、予告の声の変わり方とか、もうすごいとか言いようがない。
 以前、どっかの動画で一人で8役やってるのを聞いたことあるけど、あれからさらに芸が深まった気がする。
 うん。深いんだよね。
 菊比古が、苦悩して一つ一つ階段を上がるたびに、話の深さがます。
 対して、助六@山寺さんの変わらなさも、またすごい。
 一定のというか安定した芸を見せ続けられるっていうって、変わっていくよりむしろ難しい。

 にしても、天才の隣にいて苦悩する菊さんの姿には胸が痛かったです。
 天才じゃないからこそ、礼節を守り、しっかり稽古して、身ぎれいにしている。それを<ぼん>だから、とひがんで受け取られたいたと知った時の絶望感。助六が、寄席では古参を煙にまくようなことをしていても、身なりをきちんとする、古参の話をきちんと聞くってするだけで、よかったのに。それで<八雲>はきっと彼のものになったのに、って思うから余計菊さんが切ない。
 落語は世間から忘れられていくという危機感をもっていたなら、では具体的にどうするっていうヴィジョンを示すことができたらよかったのに。それがなかったのが助六の弱さなのだろう。

 と、OPとEDが秀逸でした。
 特にOP。お辞儀した菊さんが、じわっと顔をあげていって~その間の背景が色々変わるのが、落語の醍醐味を表しているようであり、落語に憑かれた者の業を表しているようだった~次で八雲に変わるってもうあそこだけで鳥肌がたちました。
 
 DVD、買おうかな。

 で「ハイキュー!!」
 この面白いの安定感がすごい。
 うん。原作よりアニメ絵の方が、わかりやすいんだよね。そこが案外成功理由かもしれない。
 にしても、及川さんのラスボスぷりが半端ない。
 で、浪川さんは、本当は上手いなあって(ww)
 役によって声がかわるタイプではない。でも、ふざけてる時のその奥底にある思惑まで、響かせてくるのがすごい。
 で、及川さんがすごいからこそ、烏野が大きく羽ばたける。
 ともあれ、どのチームにもそれぞれのドラマがあって、そういうのをきちっと描いてよかったです。
 
 3期、決定だそうで。
 でも、それって白鳥沢戦だけで終わっちゃうんだろうなww

 「鉄血のオルフェンズ」
 ラス前になって、死人続出です。
 思わず<世界は残酷なの>って言いたくなるよww
 で、主人公ミカヅキのぶれなさがすごい。日5の主人公なのに、容赦なさすぎる。クーデリアの影響で変わっていくんだろうな、って思ったら全然で、すごい。ヒロイン肩透かしもいいところです。
 にしても、これを見ている子供たちは何を思うのだろう。
 個々の命がきちんと価値のある世界に生きている自分たちから、それがない世界をみて、自分の幸運を思うのだろうか。
 で、メリビットの嘆きは、平和な世界しかしらない驕りに見えるんだけどね。
 
 あと、CV櫻井さんの腹黒さがハンパなくて…。
 同じように松風さんのチャラさがすごい。思わず「ヨルムンガンド」のキャスパーを見てしまったよ。ついでに、「地獄少女」を見ようと思ったけど、見る前にあれのトラウマを思い出してふみとどまった。恐るべし<いっぺん死んでみる?>ww

 「おそ松さん」も「デュララ!!」も「暗殺教室」も楽しく見てますよ。
 あ、「銀魂」もね。
 銀さんと高杉の因縁が、切なすぎた。
 あれじゃ、高杉、ぼけばっかりなのに、一人ボケられないよね。


「昭和元禄落語心中」Blu-ray(限定版)二
キングレコード (2016-03-23)
売り上げランキング: 315

ハイキュー!! 20 (ジャンプコミックス)
古舘 春一
集英社 (2016-03-04)
売り上げランキング: 162

Survivor(期間生産限定盤)
BLUE ENCOUNT
KRE (2016-03-09)
売り上げランキング: 451

おそ松さん 第三松 [DVD]
エイベックス・ピクチャーズ (2016-03-25)
売り上げランキング: 33

デュラララ!! 文庫 全13巻完結セット (電撃文庫)
成田良悟
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 7,100

「暗殺教室」 第2期 1 (初回限定版) [DVD]
エイベックス・ピクチャーズ (2016-03-25)
売り上げランキング: 645

銀魂晴祭り2016(仮) [DVD]
アニプレックス (2016-09-28)
売り上げランキング: 105

別窓 | アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【花物語】
2014-08-17 Sun 21:52
 「花物語」
 面白かった。
 いつもより、セリフがゆっくり目だったおかげで、感情移入しやすかったしね。
 今回初めて、駿河が可愛いって思えた。
 つか、この子ってこんなにかわいかったんだって、再認識したって感じかな。
 扇ちゃんは、いつにもましてキモかったし、蝋花は切なかった。

 しかし、しかし、何よりショックだったのは…。

 それはないよ、アララギくん!!!

 なんだ、その髪。
 なんだ、その服装。

 小さいながら、あの格好よかったアララギくんが…。
 ひどい、シャフト<落涙

 いやいや。
 これは、ひたぎの戦略なんだね。
 普通にしてたら格好よいから、わざとださくしてほかの女子が近づかないようにしてるんだよね。
 うん。私の中で、そーいう設定にいたしましたww
 (ダサイのにイケボなのが、さらに泣けるのである)

 にしても、真っ直ぐさというか、素直さというか、人間勝手にやさぐれたりわかったようになっちゃいかんなと、それって本当は年齢なんて全く関係ないんだろうなって、思ったよ。
 うん。


花物語 第一巻/するがデビル(上)(完全生産限定版)(Blu-ray Disc)
アニプレックス (2014-09-24)
売り上げランキング: 4

花物語 第二巻/するがデビル(下)(完全生産限定版)(Blu-ray Disc)
アニプレックス (2014-10-22)
売り上げランキング: 5


 
別窓 | アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「黒子のバスケ」 35Q 信頼だ
2013-12-08 Sun 21:31
 今日の一言

 「テツを怒らせた」


 複数から「面白い」「面白い」と熱く語られ、でもバスケだしなぁ、スポ根苦手だしって、逃げてたんだけど、見たらあっさりはまりました。
 いやあ、面白いよ。
 人物バランスがいい。
 でもって、あえて黒子を主役にしてるところがしぶい。

 でもって、深読みしたくなる台詞のオンパレード。あああああ。

 今回は青峰の「テツを怒らせた」に萌えましたww
 なんか、ものすごくいいチームだったんじゃないのかな、キセキの世代。
 唯我独尊って感じだけど、それでも個々をちゃんと見てるし、信頼してる。うん、「信頼だ」と青峰に言わせたところもしぶかったっすなぁ。そんなの関係ないってゲームやってそうな青峰なのにね。

 ま、その分花宮のゲスっぷりが目立ってましたけど。
 頭良くてもなぁ。
 なんか、彼はカウンセリング受けるべきだと思うよ。うんww


黒子のバスケ 2nd season 1 [DVD]
バンダイビジュアル (2014-01-29)
売り上げランキング: 260


別窓 | アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
≪じょしらく≫ 第6回 六席目 ~最終回 【感想】
2012-10-02 Tue 10:53
 水島監督大丈夫なのか、とずっと心配して、そのまんまで終わった。
 つか、覆面に碧ちゃんをもってくるなんって贅沢過ぎるわ。うざきゃらの、新谷良子ちゃんのうさざも名人芸でした。って、このうざきゃらは久米田先生の指名なのかなぁってぼんやり思ってたww

 真ん中の東京の名所巡り(?)みたいなのが、結構ツボでした。

 2期あるといいなぁ。
 でも、あぶなすぎるからダメなのかな。

 …脚本って「銀魂」の方だと思うんだけど、あっちは巨大おもちゃ企業がスポンサーではいってるからなぁ。
 って、こっちもプラモデルとか出すようにすれば…。
 なーんてねww



別窓 | じょしらく | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
| マニアは無慈悲なオタクの女王 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。