1. 無料アクセス解析
兵長と中学生
2013-06-02 Sun 21:20
 なんか、サボリすぎてなにを書いていいやらって感じなんだけど…。
 とりあえず、兵長が格好よすぎた。

 いやあ、本当格好いいよ。
 つか、立体起動そのものが、すでに「すげぇ」って感じだったのに、兵長はその上をいっていた。あれを見たら、ミカサがまだまだだねって思えるから、こわいよ。
 
 でもって、巨人の血を「汚い」って言ったすぐ後に、仲間の血まみれの手を握りしめる男気。
 冷静な顔と言葉となのに反する行動って、これはこれで矛盾を抱えてる人なのかなって予感。



 でもって、ミコトちゃんですよ。
 一人、健気に戦うみことちゃんになんか目頭が熱くなるのである。
 
 だれか、さっさと助けてあげてよ、って思うんだが…。

 にしても「とある」の世界では、能力が高いやつほど性格が悪いのがデフォっぽいし、「進撃」の世界でも力があるやつはどうも性格に問題があるっぽい。

 人間、心の部分を犠牲にしないと、力って得られないもんなんすかね。
 つか、力への等価交換として、心を差し出す必要があるのかなぁ。

 なんて、ぼんやり思うのである。

 とりあえず、「進撃」と「とある」が面白すぎて、幸せ。
 いえい。




とある科学の超電磁砲S 第1巻 (初回生産限定版)(特典ディスク付き) [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (UPGDP) (2013-07-24)
売り上げランキング: 35



 
スポンサーサイト
別窓 | アニメ etc | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
トワノクオン 第1章 泡沫の花弁 【感想】
2011-08-17 Wed 22:01
映画館で6カ月連続で公開するってやつの1話。

 全6話の始まりなので、世界観とか状況とかの説明で終わってる感じ。
 とはいえ、動きがすごい。

 すごすぎです。
 しょっぱなの、体が変異していく少年を助けにインサニアがでてくるバトルは、も、一瞬も目が離せないって感じで、軽くカルチャーショックを覚えましたよ。
 いやあ、いまさらアニメの動きで、ショックを覚えることがあるとは。

 でもって、体をサイボーグ化した、クーストースの動きもある意味リアルですごい。
 うん、機能美ってやつですね。
 各自が収容されて、出撃されていく、って感じは、昔の特撮「サンダーバード」とかそーいうのを見てるわくわく感があった。

 物語は、思春期で想いを暴走させてしまうベスティアをめぐって、彼らを守ろうとするクオンをリーダーにする「アトラクター」と、ベスティアを排除しようとするクーストースとの戦い。

 二人のベスティアの危機に「どちらを助けるのか」という問いに「両方だ」といいきるクオンの強さが、切ない。
 助けるために自分が傷つくのをいとわない。
 それは、美しいことだけど、同時に危ういことなんだけどなぁ。

 なにはともあれ、続きが楽しみです。




トワノクオン 第一章 (初回限定生産) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2011-08-26)
売り上げランキング: 86

別窓 | アニメ etc | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『2010 秋アニメ』第2話
2010-10-18 Mon 21:40
 第2話をみたものを、とりあえず…。


『おとめ妖怪 ざくろ』

 うーん、なぜ妖人が一般社会にいるのか、どうして軍と共存しなければならないのか、そろそろ語ってもらわないとしんどいかも。
 妖人だから、偏見を持たれてるっていうのは、ただ嫌な感じでしかないんだよね。

 と、ざくろしか戦ってないじゃんww
 他は、歌要因かww
 


おとめ妖怪ざくろ 1 【完全生産限定版】 [DVD]
アニプレックス (2010-11-24)
売り上げランキング: 665



『それでも町は廻っている』

 いやあ、面白くなってきました。こまったな。
 歩鳥の兄弟が、なんつーか…。ねーちゃん、大人気なさすぎだよ。

 って、ここは父親いないんすかね。

 と、どんどん具がなくなるカレーで、上手いこと言いくるめたというか働かせたばあちゃんGJ。
 やっぱ、ばあちゃん最高だな。
 ばあちゃんみたさに、来週も見るんだろうなぁww







『咎狗の血』

 最後に、三人が歩いて遠ざかるところ、三人の動きが一緒だったんですけど。
 なに、この手抜き。
 
 なんつーか、作画が残念すぎるよな。
 美形を描いてるのに、美しさが伝らわない。アクションも、殴られた痛みが伝わってこない。
 なんか、やる気あるのかねぇって感じなんですけど。

 ちょっと、ひどすぎだよな。

 


別窓 | アニメ etc | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『2010 秋アニメ』
2010-10-09 Sat 17:00
 第1話をみたものを、とりあえず…。


『おとめ妖怪 ざくろ』
 
 妖怪と人間が共存する社会で、妖怪と力をあわせましょうって省ができて、そこに派遣された将校と半妖の物語、らしい。
 将校が、金髪で乙女たちは微妙な和服で、「はいからさんが通る」じゃんって思っちゃったww
 ま、戦いに関して、将校たちが全く役立たずで、乙女たちも半分はうたうってるだけで、まぁ、その辺が斬新と言えば斬新か。
 …きっと、あの和服が可愛いと思えるかどうかが、境目なんだろうな。


おとめ妖怪ざくろ 1 【完全生産限定版】 [DVD]
アニプレックス (2010-11-24)
売り上げランキング: 665



『それでも町は廻っている』

 田舎町のさびれた喫茶店がメイドカフェとして営業していてそこにバイトしてる女の子と、通ってくる同級生の恋物語??
 店主らしいばあちゃんもメイドの格好してます。しかも、櫻井さまがあててます。
 ぱねぇなぁ。

 ああああ、忘れちゃいけない。

 シャフトなのに、OPがあったよぉ!!

 いやあ、今期シャフトは働きもんだね。ちゃんと続くのかねぇ、心配だわ。

 担任の教師@杉田さまの破壊力がすごかった。こーいうオヤジ声の杉田さまは大好きですよ。
 が、その分…。
 「ソウルイーター」も最初、マカの声でくじけたんだよね。「ソウルイーター」の後半は、すごい上手いなぁと魂からの叫びを感じたんだが…うむ。声に特徴がありすぎる??
 ま、ちょっとメインで延々聞くのはちょっときついんですわ。
 やれやれ。







『咎狗の血』
 
 昔、知り合いのアニメーターの方が「OPがいいのは良作」って言ってたんだが、ま、反対もいえるわけだ。
 なんで、OPいや、アバンから、微妙すぎると思ってたら…。
 世界観の説明も中途半端だし、主人公がおかれた状況の緊迫感もたいしてないし…。つか、廃墟みたいなところに行くのに食料とか生活物資まったくなしって、ダメじゃん。
 所詮アニメとはいえ、あまりにもリアルティを無視してるのはどうかと思うんですよ。
 
 ま、日本刀振り回していた、緑川さまのキャラは超絶格好よかったですが。

 


別窓 | アニメ etc | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【感想】 とりあえずの1回目
2010-07-06 Tue 20:22
 春アニメの1回目。
 どれを続けてみるか、微妙なんですけど、とりあえず1回を見たやつの感想をまとめて。
 視聴続けることになったら、分割して感想あげていく予定です。


≪生徒会役員共≫
 週刊マガジンで連載の4コマ漫画のアニメ化。
 …マガジン、絶望先生とこれを毎週立ち読みしてます。微妙になんか好き。

 で、去年まで女子高だった高校に入学した主人公が、ひょんなことから生徒会長につかまって生徒会副会長に任命され、ガールズシモネタの暴言にさらされる毎日をおくる話。

 新井里美さまが出てるっていうので見たら、ちゃんと1回目で出て、うれしかった。
 
 ま、原作が4コマなんでリズム感が微妙なのは仕方ないなぁと思いつつ…うん、面白かったけど、テンポがなぁ。


≪オオカミさんと七人の仲間たち≫

 御伽学園を舞台に、童話のパロディ…らしい。
 ヒロインは、凶暴なツンデレ少女で、ヒーローは視線恐怖症のヘタレ。

 ナレーションを新井里美さまがやっとります。
 なんで、見た。
 
 黒子が好きだったから新井さまが好きなのか、新井さまの声というか言い回しが好きだから黒子が気にいっていたのか、まぁ、よくわからんけど、微妙に黒子っぽい丁寧口調で萌えますww

 と、入野さまのヘタレは絶品っすな。


オオカミさんと七人の仲間たち (電撃文庫)
沖田 雅
メディアワークス
売り上げランキング: 727


≪学園黙示録 highschool of the dead≫

 いわゆるゾンビもの。つか、そのもの。

 ある日、学園の校門に不審者が現れ、そいつに噛まれた教師が絶命し、即座にゾンビとして動きだした。
 学園はまたたく間にゾンビだらけになる。
 いち早く異変に気付いた主人公は、幼馴染の少女とその彼氏である親友と一緒に逃げるだが…。

 いやあ、エグかった。
 
 でもって、ゾンビに噛まれ、結局死に、ゾンビになってしまった親友を手にかける主人公。
 主人公が幼馴染の少女が好きだから、そして、少女もそのことを知ってるから、こその苦さがきつかった。その上、自分一人では決して助からないとわかってる少女の打算というか、変わり身が、醜悪であり潔かった。

 なんか、妙に面白かったです。
 エグかったけどww
 視聴は、このエグいのとエロいのに(やたらエロい表現が多かった。OPなんてほんとエロかった)耐えられるかどうかだなぁ。



≪世紀末オカルト学院≫

 長野にある私立ヴァルトシュタイン学院。その学院長がなくなって、オカルト嫌いの娘がかってくる。

 雑誌のムーが監修ではいってますよ。
 おお、本格的オカルトだww
 
 学院長の死体を悪霊がのっとって、その始末に奔走してました。
 娘@マヤちゃんの潔さが格好よかった。

 と、妙なデブキャラを子安さまが…。
 デブのなのに声だけが、男前だなんてww

 そして、光る空から全裸の男が登場。
 中の人が、水島大宙さまだった。
 …ネタ??

 にしても、今季はゾンビが流行りですかww

 OPは、しょこたんだ。しょこたん、かわええ。

フライングヒューマノイド(世紀末盤)
中川翔子
SMR (2010-08-18)
売り上げランキング: 2173



≪ぬらりひょんの孫≫

 百鬼夜行の先頭をゆく、魑魅魍魎を統べる<ぬらりひょん>
 その孫の話。

 妖怪たちが家にいて、「組」と名乗ってるのがちょっと新鮮。
 一般の人がきたら、ヤ○ザの家だと偽ってるらしい。って、それも危険だと思うんだな。

 主人公は、気の弱そうな中学生(?) 妖怪の血をひいていて、いざっとなったら妖怪になれるらしい。が、本人は普通の人間として生きていきたいと願ってる様子。

 夜、旧校舎を探検して、妖怪に遭遇してしまい、はからずも自分が他の妖怪に守られていることや、じいちゃんの後をついでほしいと強く望まれていることを認識してしまうわけだ。

 うむ。妖怪と人間との折り合いをどうつけていくかの話なんすかね。 
 にしても、主人公の妖怪ヴァージョンのヴィジュアルは美形すぎます。



 
別窓 | アニメ etc | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| マニアは無慈悲なオタクの女王 | NEXT