1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」第12話 最終回 ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 【感想】
2010-04-02 Fri 21:30
 1年半前、トランシルバニアの古城の地下でアキラが見たもの。
 それは、さくさんの棺の中にいれられたミナの体と、ミナそっくりでもちょっと大人な女と、それに追従する獣人だった。
 ミナちゃん、そっくりさんが「私とあの子だけ」って意味深なことを言ってますよ。
 うむ。
 ミナちゃんは、じつはクローンなんすかね。もしくは、イノベーター?ww

 と、ミナちゃんは神祖遺産とやらについて話を聞いてますよ。
 うーん。神祖の血っていうのは、まぁわかる気がする。が、全部を話すといいながらアキラパパは結局のところ肝心なところを話してはいないよね。

 三氏族がのりこんできたことで、ミナは結局彼らを支配下におくことに成功するのだけど、やっぱり誰か、何か傀儡とされているのかもしれないなぁ。
 神祖の血には逆らえないヴァンパイアであるのに、ミナに敵対しようとする勢力があるということは、彼女の力は絶対ではないってことなのか。
 でもって、それはアキラが地下で見たもの、そしてミナそっくりさんへとつながっていくのかな。

 で、アキラは、ドロップ少女と戦いますよ。
 彼女は虎人間でした。
 でもって、彼女の姫様はアキラが地下で見た人なんだとさ。
 …中の人がくぎゅぅだった彼女が、変身したミナを見て、三氏族に知らせるって電話したら彼女がでて、それを防いだよな。ってことは、ミナの子供体型はかりそめだと。彼女の主も知られてはまずいっていう立場であるんだろうか?

 戦いの中、絶体絶命になった時の「立て、アキラ。お前のミナはここにおる」っていうのに、感動いたしました。
 ほんと、気高い。
 女王とは、まさにミナちゃんのためにある言葉ですよ。

 アキラの勝利のあと、狡猾に場を仕切ることに成功したミナは、三氏族を膝まつかせることに成功する。
 しかしながら「大儀であった。内政にはげめ」と、断罪せず帰らせたのは、やはりそこまでミナの力が強大ではないってことなんだろうな。

 で、冷静にその場から出たのに、だんだんうろたえて、アキラに向かって走る姿のかわいいことったら。
 も、かわいすぎる。

 そして二人は、命つきるまでそばにいると約束するのであった。
 
 って、ホント、ミナちゃんは最高だったけど、アキラは空気だったな。
 なぁ、なにはともあれ2期希望ですよ。

 早いとこ、お願いしますm(__)m



ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第1巻 [Blu-ray]
メディアファクトリー (2010-03-25)
売り上げランキング: 1274

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第1巻 [DVD]
メディアファクトリー (2010-03-25)
売り上げランキング: 2135

スポンサーサイト
別窓 | ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」第11話 アンダーワールド 【感想】
2010-03-29 Mon 20:42
 アンダーワールド、<アンダーワールド(Underworld)は2003年制作のアメリカ映画。吸血鬼一族と狼男一族の間に続く、何百年にもわたる戦いを描くアクション映画。(Wikipedia)>
 1985年に作られたJ・バヴロウ原作の映画もあるんだが、ヴァンパイアと狼男ってことで、ここは2003年の映画なんだろう。戦うヒロインがめがっさ格好よくて、いい映画でした。黒のレザーのロングコートがたまらんかった。

 で、バンドでミナちゃんも戦うわけだ。
 女王とはいえ、血族を残す女として、いわば三氏族に飼われているという屈辱的な状況の中で、アキラとの約束が唯一のよりどころってところが、泣ける。
 なんて純粋で強くて、綺麗な子なんだろう。

 なのに、アキラときたらふがいないっすなぁ。

 どうも1年前、アキラが記憶を失くした時に、彼は見ちゃいけないものを見ていて、三氏族はそれを狙っているらしい。が、ミナちゃんもそれがなにかいまいちわかってない様子。

 うむ。
 ヴァンパイアの始祖が、地球外生命体だったとかってオチだったら怒るよww

 ともあれ、アキラはミナを信じ切れずに獣化できない。
 なんで、絶体絶命に追い込まれるんだけど、それを助けたのがドロップ女で…。
 彼女は、蝶がどれだけ恋うても花にはなれないと、言うんだが、仮にアキラがそれじゃあ、ってミナの元を離れることになっても、ミナは仕方ないのぉって、見送ってしまうんだろうなぁ。
 ホント、不憫な子だ。

 姿を自由に変えられる刺客が、ミナの姿になったことで、アキラの怒りスイッチがはいりましたよ。

 …ミナちゃん、とっても素敵なのに、男見る目はいまひとつないかもしれんと思う今日この頃ww






ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第1巻 [Blu-ray]
メディアファクトリー (2010-03-25)
売り上げランキング: 316

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第2巻 [Blu-ray]
メディアファクトリー (2010-05-25)
売り上げランキング: 1566

別窓 | ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」第10話 ワルプルギスの夜 【感想】
2010-03-19 Fri 20:55
 ああやばい。も、原作読みたいって思った。つか今回のようなテンションでこられたら、来週には原作大人買いしてると思うよ。やばいやばい。

 「ワルプルギスの夜」は、1935年のスウェーデン映画。イングリット・バーグマン主演です。…でも吸血鬼ネタじゃないっぽいですが。
 言葉としてのヴァルプルギスの夜はwiki先生によると、<4月30日か5月1日に中欧や北欧で広く行われる行事。祭りは、710年にウェセックス(イングランドの七王国の一つ)で生まれた聖ワルプルガにちなんで名付けられた。彼女は聖ボニファティウスの姪で、言い伝えによると、サクソン人の王子・聖リチャードの娘だという。彼女は兄弟たちとともにドイツのフランコニアに旅し、ワルプルガはそこで尼僧となって兄ウィリバルドの創設したハイデンハイム修道院に入った。ワルプルガは779年2月25日に亡くなり、その日は今も伝統的な聖人暦では聖名祝日として暦に残る。ヴァルプルギスの夜にあたる5月1日は、彼女の聖遺物がアイヒシュテットに移された日であるとも[1]、ハドリアヌス2世によって列聖された日であるとも言われる[2]。このため、例えば、フィンランドやスウェーデンの典礼暦では、5月1日に彼女の名前が載っているのである。

歴史的なヴァルプルギスの夜は、異教の春の風習にちなんでいる。ノース人の風習では、ヴァルプルギスの夜は『死者を囲い込むもの』とされていた。北欧神話の主神オーディンがルーン文字の知識を回復するために死んだことを記念するもので、その夜は死者と生者との境が弱くなる時間だといわれる。かがり火は、生者の間を歩き回るといわれる死者と無秩序な魂を追い払うためにたかれ、光と太陽が戻るメーデー(5月1日)を祝うことにつながる。ワルプルガの聖なる日が同じ日に移動されたことにより、彼女の名前が祝祭と結びついたのである。ヴァイキングたちが春を祝った風習がヨーロッパに広まることでワルプルガは同じ方法で讃えられ、2つの記念日がともに混じり合い、ヴァルプルギスの夜の祭りとして成立していった。>

 なんだそうですよ。
 …「死者を囲むもの」が今回のポイントなんすかね。

 と、クレオメは、こんな花。

 ってことで、ミナちゃんはスクール水着で遊んでますよ。生徒会長は、結局ミナちゃんの侍女になったそうで。でも、ショタとらぶらぶ幸せそうです。ユキも水着できてますが、皆ビキニだったりセクシーな水着なのに、ミナちゃんはスクール水着。

 かわええww

 そこで子供な体型のことをちょっと言うのだけど、…。フラグな会話だったんだろうけど、これが効きました。

 その頃、アキラはドロップの彼女と会ってますよ。
 なんか、もてあそばれてるよなぁ。
 ともあれ、アキラはドロップの彼女から、クレオメの話を聞きますよ。うーん。いくら思ってもヴァンパイアと狼人は結ばれないといいたいんだろうけど、アキラがそこまでミナちゃんを思ってるって態度じゃないので、それは単に余計なお世話なんじゃない?って感じなんすけどね。

 と、そこにミナちゃんのお仲間の陰険男たちがやってきますよ。
 なーんと、そいつらはミナちゃんの婚約者で、大人になったら誰かと結婚して子供をつくらなければならないと…。
 だから、子供のままでいるのか。
 ミナちゃん、切なすぎるよ。

 そして、陰険男たちはミナちゃんが執着しているアキラを排するために、刺客を差し向けましたよ。
 うーん。ヘタレアキラが生き残るすべがある気がまったくしないんですけど。

 と、純潔を調べるとか、なんかって、ミナちゃん、エロイ!!

 なんか、とにかくがんばってる。自分の責務を果たそうとやってるミナちゃんがけなげで格好よくて、素敵すぎです。
 
 やっぱ、原作買うかなぁ。




ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第1巻 [Blu-ray]
メディアファクトリー (2010-03-25)
売り上げランキング: 316

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第2巻 [Blu-ray]
メディアファクトリー (2010-05-25)
売り上げランキング: 1566

別窓 | ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」第09話 ロストボーイ 【感想】
2010-03-12 Fri 20:54

 <ロストボーイ>(英: The Lost Boys)は1987年のアメリカ合衆国の映画作品。
 
アリゾナ州に住む2人の若者はカリフォルニア州を目指して旅に出ていた。しかし、最終的には吸血鬼のティーン・ギャング団と最終的に抗争する羽目になる(Wikipedia)




 ヒステリカとのいざこざの解決編。
 相変わらず、アキラは役立たずで、ミナちゃんは綺麗で気高くて賢くて最高です。

 ミナちゃんは、テレビのメッセージを古代シュメール語で語ることで、ヒステリカにメッセージを送りますよ。
 この大胆さがたまらんのぉ。

 でもって、ヒステリカの配下のものは体内に爆発物をうめこまれているという情報に、罠と対策をうつ、ミナちゃん。

 …あの、絵が止まってますけどww

 シャフト、仕事しろww

 ヒステリカを追い詰めた時に、キーパーソンになったのは生徒会長で…。でも、彼女の執着を利用して、ミナちゃんは勝利するのであった。
 にしても、ミナちゃんの成人体型(?)はなんか、他のヴァンパイアにしられるとまずいものらしいよ。なんで??

 アキラは、地下鉄でクラスメイトに遭遇して…。
 なんつーか、中途半端なんすよね。なんで、ミナちゃんに「ゆっくりでいい、強くなれ」といわれる始末。
 ま、でも、多分ミナちゃんはアキラの<弱さ>が好きなんだよね。多分彼がヴェガや、他の人みたいに強くなったらそれはそれでそういう状況に追いやった自分を嫌悪するんだろうな。

 そして、ヒステリカはミナの力に屈し、生徒会長は自分の妄執を形にする。

 血のエロさというか、吸血の耽美がとってもよくわかってるなぁと感嘆いたしました。
 
 なんかここにきて、ますます面白くなってきましたよぉ。
 ミナちゃん、がんばれww



ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第1巻 [Blu-ray]
メディアファクトリー (2010-03-25)
売り上げランキング: 316

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第2巻 [Blu-ray]
メディアファクトリー (2010-05-25)
売り上げランキング: 1566

別窓 | ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド | コメント:0 | トラックバック:2 | top↑
「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」第08話 ニアダーク 【感想】
2010-03-05 Fri 20:00

 <ニアダーク>
『ニア・ダーク/月夜の出来事』(英: Near Dark)は、1987年のアメリカ映画。

ある夜。車を運転していたケリブは道端にたたずんでいた少女メイを拾う。2人はやがて恋に落ちるのだが、実はメイの正体は吸血鬼だった・・・。
(Wikipedia)



 やっと、EDできました。
 も、なかなかできないEDっていうのは、シャフトの社風なんすかねww

 あと、やたら飛び舞う机とか。

 生徒会長ちゃんが、ショタな子を襲おうとしますよ。
 でもって、彼女はあれから別の主を得たらしい。

 うーん。まぁ、血の濃さとか、高位とか色々あるんだろうけど、ヴァンパイアが所詮誰かに隷属していなければならない存在であるとしたらなんつーか悲しいもんだな。
 でもって、ミアちゃんはそういう悲しみをきちんと受け止めて、そこにいるのかな。

 今週もミアちゃんは綺麗で可愛くて格好よかったです。
 ホント、ミアちゃんみるだけで満足だよ。
 今期は、ミアちゃんと黒子が満点ですなぁ。

 で、新たな敵が登場しましたよ。
 なーんと、くぎゅうじゃないですか。
 最近、胸がでっかいキャラ増えた? くぎゅうww

 なんか、ヴェガと因縁があるみたいです。
 でもって、基本的にバンドの設立を疑問視してるっぽい。まぁなぁ、ヴァンパイアという存在を誇示して得られるものはないに等しい感じだもね。
 ともあれ、ヒステリカと名乗る彼女は結構エグイことを平気でやって、生徒会長ちゃんを連れて行ってしまいましたよ。

 姫さまも苦労がたえんのぉ。
 でも、ユキとの年頃の女の子っぽい会話はかわいかったですよ。よかったよね。あんな風に笑いあえる友ができて。
 もっとも「赤毛のアン」はベタすぎだろって思ったけどねww


ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第1巻 [Blu-ray]
メディアファクトリー (2010-03-25)
売り上げランキング: 316

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第2巻 [Blu-ray]
メディアファクトリー (2010-05-25)
売り上げランキング: 1566

別窓 | ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| マニアは無慈悲なオタクの女王 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。