1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「フラクタル」 第11回最終回 楽園 【感想】
2011-04-03 Sun 20:47
 やっぱ、1クールでやる話じゃなかったように思いますよ。

 結局世界観が狭いまんまで終わっちゃったなぁ。
 フラクタルの世界っていうものをもっときっちり描いて、それで成立する世界だと思うんだが。

 数々の葛藤のあと、フリュネとネッサは一つになりますよ。
 そして、フラクタルが再起動した、らしい。

 って、兄ちゃんとかディアスとか、無駄死な気がしますよ。
 切ない。

 再起動した世界で、フレインは炊事をするようになってるんだけど、その食材はどこで手にいれてるんだ?
 たしかに、グリニッツで皆が農作業してるけどさ。

 ホント、語られてない世界というか設定というか、そーいうものの骨格がしっかりしてないとペライってことなんだなぁ。
 ああああ。







スポンサーサイト
別窓 | フラクタル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「フラクタル」 第10回 僧院へ 【感想】
2011-03-28 Mon 21:55
 ジブリっぽいのに、エロな感じがエグイ。
 うーん。
 ジブリじゃないよ、って主張なのかもしれないけど、なんだかねぇ。
 女の子が、女の子ゆえに酷い目にあってるのって、見ててとっても悲しくなりますよ。

 ってことで、フリュネは延々と作られ続け、その中に「鍵」となる個体が発生することがあるってことなんすかね。
 そうやって、世界を再起動し続けてるらしい。
 そういったフリュネの一人である、母であり姉さまである司祭長はフリュネを殺そうとしますよ。
 世界の愛しい娘と、愛されなかった娘。
 悲しいなぁ。

 もうちょっと世界観をきっちり描いてると面白かったのになぁと思うんですけど。
 中途半端感がどーしてもあって、話の展開も急で、説明になってるところが多いしね。
 2クールでやればよかったのねぇと思うのである。




 


別窓 | フラクタル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「フラクタル」 第9回 追いつめられて 【感想】
2011-03-20 Sun 21:56
 急展開すぎますなぁ。
 
 どうもフリュネとネッサのクローンは大量にいるみたいです。
 でもって、かつて存在した少女の体であるフリュネと、心で記憶であるネッサ、この二つが一つになることが<鍵>だそうで。

 にしても、世界観がイマイチなんだよなぁ。
 働かなくてもいい世界っていうのが抽象的すぎる。じゃ、衣食住はどうやってるんだ? 人間の代わりに働くロボットがでてくるわけでもないし。ホント、肝心なところの詰めが甘いからしらけるときがあるんだよね。

 で、追い詰められたロストミレニアムたちは、僧院に総攻撃をかけることに。
 そして、戦いの最後の切り札であるフリュネとネッサとクレインは村で待機してたんだけど、フリュネはこっそり出て行きましたよ。
 そして、それを追い掛けるネッサとクレイン。

 まぁ、予定調和だよなww

 にしても、皆そろって記念撮影っていうのは、死亡フラグと思うんですけど。やれやれ。







別窓 | フラクタル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「フラクタル」 第8回 地下の秘密 【感想】
2011-03-14 Mon 10:43
 とらわれたクレインとフリュネ。
 
 フリュネの父親っていうのが、めちゃくちゃ気持ち悪い。
 まさに、変態。「おまえは鍵の資格があるのか」と「たしかめさせろ」って…。でもって鍵っていうのは、処女かどうかみたいなものらしい。なんで、うぎゃって椅子がでてきますよ。しかも確かめるところを、父親は見ているという。
 ホントに変態だ。

 フリュネ可愛そうだよぉ。

 クレインは、怪我の治療されて割とあっさり元気になってますよ。
 で、世話をしてるのが、ネッサと同じ外見をしてるけど「フリュネ」と名乗る少女。
 その少女から、ネッサのクローンが大量に作られてるのを知る。

 しかも、役に立たなくなった個体は、処分されている。
 
 クレインの世話をしてくれた子を助けようとしたクレインだが…。

 グラニッツは、皆でクレインがとらわれてるところを攻撃しようとしたけど、拒否られて、結局ディアスだけが強力してくれることになる。が、ディアスはグラニッツの計画を無視して、クレインの救出なんて考えない攻撃をする。
 退路をたたれたクレインとフリュネ。

 が、クレインが助けた子がシェルターの場所を示してくれたのであった。

 …なんか全体的にジブリっぽいんだけど、妙なところでエロいんだよね。
 が、それも、とってつけたようにエロいのがちょっとなぁ。
 テンションが、グラニッツの女の子そのものって感じなので、イタイ。







別窓 | フラクタル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「フラクタル」 第7回 虚飾の町 【感想】
2011-03-06 Sun 16:58
 …あれ、フラクタルのおかげで働かなくてもいい世界になってるんじゃなかったっすかね。
 
 偵察に出ていたクレインとネッサは、偵察機の故障で墜落する。
 気づいたクレインがいたのは、フラクタルがまともに動いているという完全都市だった。

 ドッペルの女性がクレインの世話をやいてくれたんだけど、「町はずれに倒れていた」というクレインをどうやって運んだんだ? 触れないのに。その後、変装させるのでクレインを女装させるんだが、ドッペルばかりの街でどうやってホンモノの服を調達したんだ?
 相変わらず妙なところでご都合主義を発揮する作品なのである。

 で、見つけたネッサはコリンという男が保護していたが、彼女は高熱にうなされていた。
 コリンいわく、人間がウィルスにやられたみたいに無意識に戦っている、ということで。コリンは、ネッサがウィルスとかハッカーにたいして、戦えないのか、やり方を知らないのか、と推察してますよ。
 
 うむ。

 その頃グラニッツは自然に暮らしている一団と遭遇するんだけど…。
 
 ドッペルという存在がカギでしたなぁ。

 でもって、クレインの危機に卍解した(<をい)ネッサ。
 町のフラクタルシステムを全部破壊、もしくは止めてしまいましたよ。

 でも「フラクタルがなければ生きていけない存在だってある」というコリンのドッペルに、クレインが撃たれちゃいました。
 病気みたいで、たくさんのチューブとかなんかにつながれてるコリンの絵を一枚はさんだ説得力はすごいあったんだけどなぁ。
 
 なんか、いつもちょっとなんか残念な「フラクタル」なのである。







別窓 | フラクタル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| マニアは無慈悲なオタクの女王 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。