1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
<Angel Beats!> 13、 Graduation 【感想】
2010-06-27 Sun 21:20
 最後の最後で、本気でやっちゃいましたね、って感じ。

 それまでも色々つっこみところ満載だったけど、とりあえず音無の軸はぶれてなかったと思う。なのに、なぜ最後の最後でああしちゃったんですかね。天使ちゃんの悔いを、この世界にとどまっていた理由を表現するために、ってことだったのかもしれなけど、それにしてもあれはないよな。今までの音無のいいところ、粉砕してくれたよ。
 やれやれ。

 ともあれ、卒業式ですよ。
 なんともぬるいギャグのテンコ盛りに、半ばあきれつつ、まぁこれがABクオリティなんでしょうと…。
 
 ま、卒業式にたいしてやたら楽しそうな天使ちゃんが可愛かったから、とりあえず許す。
 しかし、その後の展開が…。

 ゆりが、ヒロインじゃなかったんすかね。
 メインヒロインだったはずなのに、あっさり退場。でもって、他の面々もあっさり退場。なんなのかなぁ。どっかにスイッチでもあるんですか、ぐらいのあっさりで…。
 ああ、学校には彼らしかいなくなっていたんだけど、他の人たちもあっさりいけたっていうのかな。そんなことないと思うんだけど。やっぱりまだやりたいことがあるって、感じてる人だっていたんじゃないかと思うわけだ。
 そういう部分を、ブルトーザーでがーーーーっとならしました的な展開が、ABのだめなところじゃないかと思います。
 うん、制作側の自己満足の匂いがものすごくする。

 そして、音無と天使が残り…。
 いつの間にか学園には生徒の姿が現れてますよ。
 でもって、おいおいな音無。天使ちゃんに二人でここに残って、って言い出しましたよ。

 あああああ、見損なったよ音無。
 絶望したよ。
 
 で、最悪な展開になるのかと思ったら、天使ちゃんが拒否。
 なーんと、天使ちゃんは音無の心臓を移植された子だっんだとさ。うーん、あの状況で死んだ音無の心臓が臓器移植に使われたとは、全く思えないんだけど。せめて、角膜ぐらいしとけばよかったのになぁ。
 で、天使ちゃんの悔いはドナーに「ありがとうが言いたかった」ってことで、音無にありがとういって、成仏されましたよ。

 ああああ、なんで音無に「奏、愛してる」って言わせちゃったかなぁ。せめて、好きぐらいにとどめておいてほしかったよ。一体、どこに音無が奏を愛するようになる要素があったというんだ。好きなら、納得できるけど。つか、愛って言葉が軽すぎるだろうが。

 …うーん、この先音無が影を発生させたヤツになるんじゃないっすかね。
 説明で、先にいった彼女を待つとかなんとか言ってたよな。うん、それぐらいのバカやりそうなぐらいおバカになってた気がする。

 ま、二人は時間を超えたどこかで、偶然なんか出会うらしいよ。
 って、このシーンは画龍点晴(画龍であるともいえないけど)だよなと思った。

 うーん、なんなんだろう。
 面白くみたと言えばそうなんだけど、なんともすっきりしない感じなのは、やっぱりストーリーが破綻してたからなのかな。
 うん、これは破綻してる物語だよな。
 絞り込みというか、練りこみが足りない感じだよな。



Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス (2010-06-23)
売り上げランキング: 15

Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス (2010-07-21)
売り上げランキング: 23

スポンサーサイト
別窓 | Angel Beats! | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。