FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
『テガミバチ reverse』 第14話 瞬きの日 【感想】
2011-01-11 Tue 21:02
 ゴーシュ復活!!

 お兄ちゃん!

 気がついたゴーシュに、しがみついたシルベットが何も言わないところに、号泣してしまったじゃないか。
 も、お兄ちゃんものには弱すぎるよ私。
 でもって、相変わらずの丁寧語に、ああ、ゴーシュだと、ラグなみに思ったですww

 アリアは手紙の配達先である飛行船の生き残りから、「瞬きの日」のことを聞く。
 乗組員の話と同時に、その当時者たちがその日を振り返る。

 門番の人は、三つ子で元ビーなんすね。
 いやあ、一体だれがだれなんだと謎だったけどようやく判明。
 
 と、医者の先生も乗っていて、眼をもっていかれて、記憶もないとか。

 生き残りの乗組員は、人工太陽の中にバケモノみたいなのがいて、そいつが心を食ったといってますよ。

 そして、暴走したラグの精霊琥珀は、人工太陽のない世界の幻を見せる。
 
 うむ。あれは、精霊琥珀そのものの記憶だったんすかね。
 ともあれ、この世界にかつて太陽はあったらしい。が、何かで失われて、人工太陽を作った。
 が、それを維持するには<心>が必要らしい。
 ってことなんすかね。
 うむむ。





テガミバチ REVERSE 1【初回限定版】 [DVD]
バンダイビジュアル (2010-12-22)
売り上げランキング: 1751

テガミバチ REVERSE 2【初回限定版】 [DVD]
バンダイビジュアル (2011-01-28)
売り上げランキング: 1244

テガミバチ REVERSE 3【初回限定版】 [DVD]
バンダイビジュアル (2011-02-25)
売り上げランキング: 1307

小さな魔法(テガミバチ盤)
ステレオポニー
SMR (2010-12-08)
売り上げランキング: 893

スポンサーサイト



別窓 | テガミバチ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「GOSICK─ゴシック─」 第1回 黒い死神は金色の妖精を見つける 【感想】
2011-01-11 Tue 20:50
 桜庭一樹原作のラノベのアニメ化。
 
 見ようかどうか迷ってたんだけど、OP見て、視聴決定。
 OP、滅茶苦茶格好いいです。ちょっとアンティークな雰囲気がたまらん。

 物語は、1924年のヨーロッパ。
 架空の国に、留学してきた日本人が図書館というか、塔にいる美少女と出会う。

 ヴィクトリカが、ホント、美少女です。
 でも、声が「ダンスインザヴァンパイアバンド」のミナちゃんなんだよね。「屍鬼」のスナ子といい、こういう孤高の美少女の役おおいっすね、碧ちゃん。
 ま、「金色の妖精」と称されているので、ミナちゃん寄りで正解なんだろう。が、結構普通の女の子っぽいところもあったので、そのへんのバランスをどうもってくるのか、とっても楽しみ。

 と、留学生がなぁ。
 もちょっと、眼を細くするとか、明らかに肌の色かえるとか、したらよかったのに。
 ヨーロッパだって、黒髪黒目の人はいっぱいいるんだから、彼のもってる特異性があのキャラじゃ生きてないと思う。そこが一番残念。

 で、ヴィクトリカのところにへんな髪形の刑事がやってきて、事件の紐解きを依頼するんだが。

 空耳探偵より、よっぽど探偵してますよww

 もっとも、銃で撃たれている以上、銃弾を調べればすぐに犯人わかっただろうけどさ。
 ともあれ、事件を解決したお礼に、ヨットの招待された二人。
 そこに、犯人が逃亡したという知らせがきて、二人はヨットで見つけた豪華客船の招待状を持って、事件の真相にむかっていきますよ。




TVアニメ「GOSICK-ゴシック-」オープニング・テーマ:Destin Histoire
yoshiki*lisa
日本コロムビア (2011-03-02)
売り上げランキング: 701

GOSICK  ―ゴシック― (角川文庫)
桜庭 一樹
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 441

別窓 | GOSICK─ゴシック─ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |