1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2016 1月~3月 ラス前
2016-03-20 Sun 21:47

 相変わらず放置で…。

 今期、もうすごかった。
 なんといっても「昭和元禄落語心中」
 も、声優さまの技のすごさで打ちのめされました。耳福すぎて、終わるのが心底いや。
 石田彰さま、ホントすごい。
 老境になって名人になっている落語に、始めたばかりでおぼつかない寄席に、自分の世界を得た瞬間、それぞれをきっちり演じ分けてる。つか、過去話をしてる時に、ふいに語っている老人の声が入るところとか、予告の声の変わり方とか、もうすごいとか言いようがない。
 以前、どっかの動画で一人で8役やってるのを聞いたことあるけど、あれからさらに芸が深まった気がする。
 うん。深いんだよね。
 菊比古が、苦悩して一つ一つ階段を上がるたびに、話の深さがます。
 対して、助六@山寺さんの変わらなさも、またすごい。
 一定のというか安定した芸を見せ続けられるっていうって、変わっていくよりむしろ難しい。

 にしても、天才の隣にいて苦悩する菊さんの姿には胸が痛かったです。
 天才じゃないからこそ、礼節を守り、しっかり稽古して、身ぎれいにしている。それを<ぼん>だから、とひがんで受け取られたいたと知った時の絶望感。助六が、寄席では古参を煙にまくようなことをしていても、身なりをきちんとする、古参の話をきちんと聞くってするだけで、よかったのに。それで<八雲>はきっと彼のものになったのに、って思うから余計菊さんが切ない。
 落語は世間から忘れられていくという危機感をもっていたなら、では具体的にどうするっていうヴィジョンを示すことができたらよかったのに。それがなかったのが助六の弱さなのだろう。

 と、OPとEDが秀逸でした。
 特にOP。お辞儀した菊さんが、じわっと顔をあげていって~その間の背景が色々変わるのが、落語の醍醐味を表しているようであり、落語に憑かれた者の業を表しているようだった~次で八雲に変わるってもうあそこだけで鳥肌がたちました。
 
 DVD、買おうかな。

 で「ハイキュー!!」
 この面白いの安定感がすごい。
 うん。原作よりアニメ絵の方が、わかりやすいんだよね。そこが案外成功理由かもしれない。
 にしても、及川さんのラスボスぷりが半端ない。
 で、浪川さんは、本当は上手いなあって(ww)
 役によって声がかわるタイプではない。でも、ふざけてる時のその奥底にある思惑まで、響かせてくるのがすごい。
 で、及川さんがすごいからこそ、烏野が大きく羽ばたける。
 ともあれ、どのチームにもそれぞれのドラマがあって、そういうのをきちっと描いてよかったです。
 
 3期、決定だそうで。
 でも、それって白鳥沢戦だけで終わっちゃうんだろうなww

 「鉄血のオルフェンズ」
 ラス前になって、死人続出です。
 思わず<世界は残酷なの>って言いたくなるよww
 で、主人公ミカヅキのぶれなさがすごい。日5の主人公なのに、容赦なさすぎる。クーデリアの影響で変わっていくんだろうな、って思ったら全然で、すごい。ヒロイン肩透かしもいいところです。
 にしても、これを見ている子供たちは何を思うのだろう。
 個々の命がきちんと価値のある世界に生きている自分たちから、それがない世界をみて、自分の幸運を思うのだろうか。
 で、メリビットの嘆きは、平和な世界しかしらない驕りに見えるんだけどね。
 
 あと、CV櫻井さんの腹黒さがハンパなくて…。
 同じように松風さんのチャラさがすごい。思わず「ヨルムンガンド」のキャスパーを見てしまったよ。ついでに、「地獄少女」を見ようと思ったけど、見る前にあれのトラウマを思い出してふみとどまった。恐るべし<いっぺん死んでみる?>ww

 「おそ松さん」も「デュララ!!」も「暗殺教室」も楽しく見てますよ。
 あ、「銀魂」もね。
 銀さんと高杉の因縁が、切なすぎた。
 あれじゃ、高杉、ぼけばっかりなのに、一人ボケられないよね。


「昭和元禄落語心中」Blu-ray(限定版)二
キングレコード (2016-03-23)
売り上げランキング: 315

ハイキュー!! 20 (ジャンプコミックス)
古舘 春一
集英社 (2016-03-04)
売り上げランキング: 162

Survivor(期間生産限定盤)
BLUE ENCOUNT
KRE (2016-03-09)
売り上げランキング: 451

おそ松さん 第三松 [DVD]
エイベックス・ピクチャーズ (2016-03-25)
売り上げランキング: 33

デュラララ!! 文庫 全13巻完結セット (電撃文庫)
成田良悟
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 7,100

「暗殺教室」 第2期 1 (初回限定版) [DVD]
エイベックス・ピクチャーズ (2016-03-25)
売り上げランキング: 645

銀魂晴祭り2016(仮) [DVD]
アニプレックス (2016-09-28)
売り上げランキング: 105

スポンサーサイト
別窓 | アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。