1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『バクマン。』 第7回 涙と涙 【感想】
2010-11-15 Mon 22:16
 男の子が皆、サイコーのようだったら、世界はもっと優しくなる気がするなぁ。
 
 席が隣同士になって、嬉し恥ずかしのサイコーと亜豆。
 サイコーがノートに落書きとか、メッセージとか書いて、それに亜豆が笑ったり、答えたり、見てるほうもにやにやしてしまうぐらい純情で、まさに初恋というか、青春というか、甘酸っぱいよ。

 あまりにもそれが楽しいから、サイコーは最初の約束をホゴにするようなことを書いてしまい、それを見た亜豆は泣きだす。

 で、サイコーは、なぜ彼女が泣いたのか、どうすればいいのか、懸命に考えるのだった。

 安直な結論に至らないところが、大器の片りんを見せてますなぁ。
 でも、ちょっと亜豆は、面倒な女の子って感じがしないわけでもない。うん、あのルックスだから、このエピソードも純粋な亜豆ですまされるけどね。
 
 いや、おっとりした感じからはわかりにくいけど、相当芯があるというか、我のある女の子ってことのフラグを立てたってことなんすかね。

 ともあれ、なんか、妙にエロだったりずるかったり世慣れていたりするアニメが多いなか、一服の清涼剤ですよ。うん。






バクマン。1〈初回限定版〉 [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (2011-01-26)
売り上げランキング: 1764

スポンサーサイト
別窓 | バクマン。 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『テガミバチ reverse』 第7話 Film noir  【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | ≪屍鬼≫ 第15回 第悼と偽話 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。