1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『テガミバチ reverse』 第7話 Film noir  【感想】
2010-11-15 Mon 22:30
 ノワールの目撃証言をもとに、北の街「ブルーノーツブルース」にやってきたラグ。
 街を目前にして、でっかいムシの残骸と、そばに残された薬きょうをみつける。
 ラグは、それはノワールが撃ったものかもしれない、だったらノワール=ゴーシュかもしれない、ゴーシュに何があったのかわかるかもしれないと、心弾を撃つ。

 「光から生還したたった一人」と、ゴーシュにむかってクラフトはいいますよ。
 ゴーシュは、心というより、記憶をなくしているらしい。
 だからこそ、そのままリバースと行動を共にすることになった、っぽい。ゴーシュのいたところに言っても、シルベットとすれ違っても、彼は妹を思いだせなかった。

 そもそも、ゴーシュの記憶っていうのが、曖昧だからなぁ。
 出生から、特別な者だったのかもしれないし、だからこそリバースに拾われた(?)のか。

 そういった映像を見ていたラグだけど、ゴーシュが自分の世話をしてくれている女の子に「ロダ」と名付けたことで、ゴーシュは心の全てを亡くしたわけじゃないと確信しますよ。

 アカツキ、今の政府にたいして、微塵も疑問を持っていないラグと、ノワールとなったゴーシュでは、対峙するしかないのかなぁとこの先を予想して、鬱ですよ。あああ。

 そして、ノワールは手紙を奪う。
 「光は星の敵だ」と。

 …北の街はニッチの生まれたところだそうです。
 200年前に生まれた…。
 
 え、200年まえ???

 びっくりしたよぉww




テガミバチ REVERSE 初回限定版 1 [DVD]
バンダイビジュアル (2010-12-22)
売り上げランキング: 1052

テガミバチ REVERSE 2【初回限定版】 [DVD]
バンダイビジュアル (2011-01-28)
売り上げランキング: 1355

スポンサーサイト
別窓 | テガミバチ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『STAR DRIVER 輝きのタクト』 第7回 遠い世界 【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | 『バクマン。』 第7回 涙と涙 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。