1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「フラクタル」 第3回 グラニッツの村 【感想】
2011-01-29 Sat 21:39
 うーん。
 ジブリへのリスペクトなのかと思ったら、ジブリ暗黒風味なのかもしれんなぁ。

 拉致され、グラニッツの村につれてこられたクレインとネッサ。
 そこの住人は、バイザーかなんかがないと、ドッペルを見ることができない。でもって、昔ながらの生活を送っている。
 まぁ、アーミッシュ的な感じっすかね。
 
 とりあえず、クレインがヴィンテージオタクでよかったかもww

 で、クレインは兄から、フラクタルシステムが人間の自由を奪っているという話を聞く。
 この時のBGMといい、兄の話し方といい、とってもジブリ的だなぁと思ってたのである。

 村で、チューブではなくまともな食事をしたクレイン。
 
 あああ、食いものが美味そうなアニメは良作なんですよ。
 って、ここで、良作だと認めていんだろうか、と考えてしまうのがある意味この作品ぽいかもしれん。

 星祭りがあるというので、それを壊しにいく兄たち。
 クレインもつれていかれますよ。ネッサもついてきてる。

 で、星祭りとはナノマシーンの一斉アップデートで…。
 洗脳されていく住民の描き方がエグい。
 でもって、それを破壊するために、攻撃しはじめて。
 エグイですよ。巫女だけじゃなく、一般市民もまきぞえになっていくのがエグイ。

 巫女の中に、ネッサと同じ姿をした少女がいて、「ネッサがいるわ」と飛び出していくネッサ。
 混乱を極めた中、歌で静けさをもたらせた巫女がやってくる。
 現れたフリュネに、ネッサと同じ姿をした巫女は「おかえりなさいませ、ねえさま」と呼びかける。

 面白くなってきましたよ。
 でも、風呂敷を広げ過ぎちゃいないですかねぇとちょっと心配。

 そんでもって、最初うざいと思ってたネッサがだんだん可愛く見えてきたのが、すごいっすなぁww



フラクタル(1) (ガンガンコミックスONLINE)
マンデルブロ・エンジン 山本 寛 岡田 磨里 東 浩紀
スクウェア・エニックス (2011-01-22)

スポンサーサイト
別窓 | フラクタル | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<「夢喰いメリー」 第4回 夢喰いメリー 【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | 「レベルE」 第3回 「Risky Game!」 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
自由が何かわからなくても、人がまず必要とするのは生きるための食べ物。 でも… 生きる権利と意思。 考えることすら奪うフクラクタルシステムの真相へ…。 ▼ フラクタル 第3話 「グラニッツの村」  ... …
2011-01-29 Sat 22:25 SERA@らくblog
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。