1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「GOSICK─ゴシック─」 第5回 廃倉庫には謎の幽霊がいる 【感想】
2011-02-07 Mon 21:18
 相変わらず推理としては、甘いというか、ご都合なんだが、ヴィクトリカが可愛いので、まあいいかという気分になるのであった。
 うん、ミステリー初心者にはむしろ王道を教えてもらえる作品ってことなのかな。
 
 図書館で、アブリルが隠した本を見つけるヴィクトリカ。

 …フランス語で数えていたが、公用語はフランス語なんすかね。それとも、バイリンガルであることを語ってるのかな。

 久城は、その本の「金色の妖精」に心ひかれた、というか、勝手にヴィクトリカと同一視してますよ。
 ま、仕方ないんだろうけどさ。

 そして久城はまた、トラブルに巻き込まれる。
 今度は、廃倉庫の近くにいたら、いきなり頭を殴られたのであった。

 災難続きだな。

 そして、ヴィクトリカが全ての謎を解く。

 廃倉庫には、アブリル本人が拉致されていて、アブリルを名乗っていた転校生は実は盗賊だった。彼女は、仲間である納骨堂で死んでいた男が隠したお宝を手にいれるために学園にもぐりこんだのであった。

 うーん、なんでアブリル生かしておいたかな。
 つか、転校してすでに数日たってるわけだから、無事でいることがすでにヘンだし、無事でいるならいるでそれは盗賊が彼女を生かすためになんかしてたってことだろう。
 なぜ、リスクをわざわざ増やすことをするかね。

 ともあれ、ヴィクトリカの推理は、アブリルを語った盗賊は学園の怪談を利用して隠そうとしたって、ことで…。
 久城の危機に、階上から本を投げ落とすヴィクトリカが格好よかったです。

 ホント、ヴィクトリカは可愛いなぁ。
 普段の声に可愛げがないところが、むしろ可愛い。

 …原作買おうかなぁと、揺れる今日この頃なのであった。





TVアニメ「GOSICK-ゴシック-」オープニング・テーマ:Destin Histoire
yoshiki*lisa
日本コロムビア (2011-03-02)
売り上げランキング: 701

GOSICK  ―ゴシック― (角川文庫)
桜庭 一樹
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 441

スポンサーサイト
別窓 | GOSICK─ゴシック─ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『バクマン。』 第18回  嫉妬と愛 【感想】  | マニアは無慈悲なオタクの女王 | 『とある魔術の禁書目録 2』 #17 罰ゲーム 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。