1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
<世界一初恋> 第2回 小野寺律の場合 A man has free choice to begin love but not to end it. 【感想】
2011-04-19 Tue 21:29
 うーん、なんなんだろうな、この半端感。

 律の初恋の相手が、高野だったと判明する。
 しかも、律が引っ越した部屋の隣は高野だった。

 ともあれ、締め切りに追われる漫画家とか、女性キャラに手を抜いてないところは素敵です。
 ついでに、作中の漫画の作画もなにげにきっちりしててよかった。

 が、結局、これは漫画編集者の話を描きたいのか、ぶっちゃけ「やおい」とくくられていいよーな話を描きたいのか、その軸がぶれてる気がするんだよね。
 
 つか、「純情ロマンチスト」で甘々なのをやったんだから、基本ハードな会社ものって、テイでやればいいのになぁと思うんだけど。
 
 と、くさしてますが、シリアスとギャグの使い分けはすごいです。
 作画と声優さまの技との、至高ですなww








世界一初恋 特装版 第1巻 [DVD]
角川書店 (2011-06-24)
売り上げランキング: 69

スポンサーサイト
別窓 | 世界一初恋 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「GOSICK─ゴシック─」 第13回 愚者は己の代弁者を指名する  【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | <よんでますよ、アザゼルさん。> 第1話 『登場!悪魔探偵と悪魔とバイト』 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。