1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
<世界一初恋> 第5回 吉野千秋の場合 Love is lawless. 【感想】
2011-05-11 Wed 22:14
 小野寺律の場合から、吉野千秋の場合になりましたよ。

 幼馴染の漫画家と編集者とのすったもんだ。
 まぁ、漫画家とか小説家とか、芸術的な人間が生活能力が極端にないっていうのは、ある意味王道なんだろう。
 なのに、なんで、千秋はいらっとするのかなぁ。

 はい。春菊先生は好きなんですけど、千秋だけはなんかねぇ。

 アニメみてて、28歳っていうのを改めて聞いて、どんびきした。
 やれやれ。

 と、なんでコクったあといきなり体ですか。
 やらしいなぁww

 うーん、やっぱり今監督、どーした?ってなってるように思う。
 原作がそうでも、今までの監督だとちゃんと納得できるように描いてたと思うんだけどなぁ。

 ホント、どーしちゃったんだろう。

 千秋の友人でアシスタントをやってる優を、神谷さまが…。
 普通の28歳の青年で、むしろ新鮮。
 いやあ、最近人間じゃない役ばっかりだったもんね。
 普通っぷりが、素敵だったww





世界一初恋 特装版 第1巻 [DVD]
角川書店 (2011-06-24)
売り上げランキング: 69

スポンサーサイト
別窓 | 世界一初恋 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<<よんでますよ、アザゼルさん。> 第6話 『暴虐のモロク』 【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | <青の祓魔師(エクソシスト)> 第4回 天空(アマハラ)の庭 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。