1. 無料アクセス解析
<青の祓魔師(エクソシスト)> 第10回 子猫(ケットシー) 【感想】
2011-06-21 Tue 21:55
 獅郎の使い魔だった猫又が、獅郎の死をしって凶暴化する話。

 こーいう話は無条件に弱い。
 も、涙腺崩壊ですよ。ばかばか。

 …にしても、何気ない日常にスパイスが効いてますなぁ。
 メガネのスペアを一杯持ってる雪男とか、ゴリゴリ君を食べる燐とか、ホント何気ないんだけど、そういう<日常>と愛おしいんでるところが素敵だと思う。
 つか、人間こういう日常の基盤がなければ、結局のところ動けないと思うんだよね。

 で、ケットシー退治についてくるなといわれたのに、ついてきた燐。
 まぁ、主人公ですからww

 そして、燐は獅郎の死を受け入れられなくて混乱しているクロの嘆きを聞く。

 まぁ、エクソシストがそろいもそろって、クロを説得しようとしなかったっていうのが、アホ集団すぎる気がするけどね。
 つか、あえてそういう集団に仕立て上げてるんですかね、メフィスト卿。

 結局は燐の「仲直りしよう」っていうのが獅郎のかつての言葉とだぶって…。

 ち、泣かされてしまったぜ。

 にしても、獅郎は、エクソシストの最高位のパラディンだったそうで…。
 うむ。それなのに、街中の修道院にいたって、どういうことなんすかね。
 地位が上がるということは、責任とか部下が増えるってことと比例することだと思うんだよね。だから、一介の修道士でいることは物理的に無理なんじゃないかと。

 まぁ、そこらへんにもメフィストとのかけひきがあったのかもしれんなぁ。

 ってことで、メフィストはアマイモンを学園に引き入れましたよ。
 彼は、とにかく燐が力を出し切って戦ってないのが不満らいし。

 結局燐は敵の手中にいるってことなんすかねぇ。
 切ないなぁ。




青の祓魔師 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス (2011-06-22)
売り上げランキング: 121

青の祓魔師 オリジナル・サウンドトラック I
TVサントラ
アニプレックス (2011-06-22)
売り上げランキング: 486

スポンサーサイト
別窓 | 青の祓魔師(エクソシスト) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「GOSICK─ゴシック─」 第22回 クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る 【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | <青の祓魔師(エクソシスト)> 第9回 おもひで 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |