1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
≪ダンタリアンの書架≫ 第1回 『仕掛け絵本』【感想】
2011-07-21 Thu 22:38
 三雲岳斗のライトノベルのアニメ化

 なんか、似たような女性キャラ、やたら多い気がする。
 つまり、ツンデレでロリっぽくて、なんぞ秘密を抱えてる的な…。

 主人公は、祖父の書架を遺産として受け継ぐ。
 そこには、不思議な少女がいて…。

 とりあえず、普通にその少女の出生とか、そこでの生活環境とか、そーいうのを心配しろよ、というか、そこをスルーしないでいただきたいんだが。
 
 で、祖父を殺し、蔵書を奪った男の屋敷に招かれていくと、その館の全ては殺されていた。
 超自然的な本があって、それのせいなんですと。 
 
 うむ。
 でもって、少女の胸には錠前があって、主人公は祖父から受け継いだ鍵でその錠前を開ける。

 そこが<ダンタリアンの書架>なんだそうで…。

 うーん。
 「アスラクライン」の作者なんだよね。
 微妙な感じがすでにちょっとしてるんですけど。 
 まぁ、今後に期待ということで。

 にしても、背景が写真を加工したっぽいのはどーなんでしょうね。
 1話の中でちょっとだけなら効果的かもしれないけど、ちょっと多すぎる気がする。
 でもってあれだと、手、抜いてるんじゃない、っておもちゃうよなww




スポンサーサイト
別窓 | ダンタリアンの書架 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<≪BLOOD-C≫ 第3回 「ひとはいさ」【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | ≪夏目友人帳 参≫ 第3回 『偽りの友達』 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。