1. 無料アクセス解析
≪BLOOD-C≫ 第3回 「ひとはいさ」【感想】
2011-07-24 Sun 21:33
 一応、美人センセも妖しいらしい。
 なんで、学園生活を描く必要性があるのかもしれんが…。

 つか、いわゆる僻地にあって、地元の神社の娘で、それなのになんか幼馴染っぽいのが他のクラスメイトたちにないのはなんでなんだ?

 相変わらず妙なところでリアルティをゆがめてるんだよな。
 あんだけ、日本刀を振り回してる子が、卵焼きを包丁で切るぐらいで、あの不器用さは意味不明。
 あのドジっこを通したいなら、バトルしてる時は、ずっと目が赤いってしてなきゃだめだろう。目が赤い時は運動神経が尋常じゃないけど、普段は…っていうなら、納得がいくんだがな。

 ともあれ、<古き者>は人間に手を伸ばしだしたみたいです。
 パン屋の主人が失踪して…。

 やられるのを見てるんですけど、サヤ。
 とめにはいるとかそーいうのはなしなんすかね。

 と、どうもメインのキャラ以外、いわゆるモブは描かないつもりらしいけど、それはそれで不自然。
 制服で戦うことに固執してるぐらいヘン。

 ああああ。

 ブラッドプラスは、あんなに面白かったになぁ。
 ホント、どーしちゃったんだろう。






BLOOD‐C (1)
琴音 らんまる
角川書店(角川グループパブリッシング)

純潔パラドックス
純潔パラドックス
posted with amazlet at 11.07.08
水樹奈々
キングレコード (2011-08-03)
売り上げランキング: 64

スポンサーサイト
別窓 | BLOOD‐C | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<≪NO.6≫ 第3回 生と死と 【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | ≪ダンタリアンの書架≫ 第1回 『仕掛け絵本』【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |