1. 無料アクセス解析
≪ダンタリアンの書架≫ 第2回 『胎児の書』【感想】
2011-07-27 Wed 22:38
 相変わらず、写真そのまんまな背景が気になるのである。

 が、あれって、しかも縮尺がおかしくないか???
 で、思った。
 わざとですか。
 わざと、いかにも写真ですよ、縮尺もおかしいですよ、ってして…。
 この世界が「箱庭」的なものであると、象徴してるんだろうか。

 もちろん、リアルの話ではない。が、それをさらに「箱庭」に入れることで、全てをひっくりかえしていこうとしているのだろうか。

 祖父あての鑑定を依頼する手紙に応えて、リルバーン家にやってきたヒューイとダリアン。
 って、ダリアンは普通にヒューイと暮らしてるんですかね。あの年齢の少女だと、「家はどこ」とか「御両親は」とかって問い詰めなかったのか、ヒューイ。
 いくら、胸に鍵がある不思議少女だとしても、共に暮らすとかって言うのは別問題じゃないかと思いますよww

 リルバーン家に、ゴーレムが現れ…。
 
 ま、ある意味鉄板の展開でしたな。
 と、ダリアンから幻書をとりだして、それを読んで攻撃(?)っていうのは、あまりにものんびりしてる気がするんだが。

 ともあれ、ダリアンはツンデレ可愛いです。
 ただ、肌の色がなぁ。
 もうちょっと、健康的な色にすればよかったのに。






スポンサーサイト
別窓 | ダンタリアンの書架 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<<青の祓魔師(エクソシスト)> 第15回 やさしい事 【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | ≪うさぎドロップ≫ 第3回 ダイキチのきめたこと 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |