1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
≪ダンタリアンの書架≫ 第7回 『焚書官』【感想】
2011-08-23 Tue 22:41
 外伝ってことらしくて、ヒューイとダリアンの登場はなしです。

 で、OPの謎の人物4人が明確になる。
 …ダリアンみたいなのって、結構いるってことなんすかね。特異であるはずの存在が、数いると、それは普遍になってしまって、世界観をぶちこわしてしまうと思うんだけど。

 ともあれ、サイドカーのついたバイクで町にやってきたハルと、拘束衣の少女フラン。
 彼らは、町の歪みを正し、幻書をやく、焚書官だった。

 フランの中から、幻書を出すシーンは、エロかったですなぁ。
 でも、これだけでも見る価値はある。
 なんっていうか、何かのための対価の痛みとか覚悟とか、そういうものを感じさせるシーンでした。

 町は、少女の街を元通りにしたいという願いを、幻書によって具現化されたものだった。

 どうやら、OPの目のところに鍵穴がある子は、ダークサイドみたいですなぁ。

 さて、この焚書官&フラン、そして目が鍵穴の子とその鍵の持ち主(?)と、どうヒューイたちとかかわっていくんでしょうねぇ。
 楽しみ。







TVアニメ「ダンタリアンの書架」主題歌「yes, prisoner」/「Cras numquam scire」
maRIONnetTe Yucca feat. Hugh Anthony Disward 小野大輔
日本コロムビア (2011-08-24)
売り上げランキング: 400

スポンサーサイト
別窓 | ダンタリアンの書架 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<<青の祓魔師(エクソシスト)> 第19回 なんでもない日 【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | ≪うさぎドロップ≫ 第7回 ないしょで家出 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。