1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「伯爵と妖精」第2話 僕の妖精 【感想】
2008-10-15 Wed 16:21
 よーするに、なんだかやらしい緑川光さまの声を堪能するアニメ、ってことでOK?ww

 エドガーに、妖精が刻んだという言葉の解読を頼まれたリディア。で、なんだかんだとアイルランドの島へいくことになりました。
 1回目にでてきた誘拐犯(?)まだひっつこく追ってきてますよ。
 ケルピーがばっさばっさと倒していったわりに、しっかり追いつかれて…危機一髪の時にリディアをかばって怪我をするエドガー。ま、そんなこんなで、凶悪な強盗じゃないかと疑いつつも、なんか見捨てられないリディアなのであった。

 で、ケルピーの過去(?)とエドガーの過去が語られるわけだが…。

 明るく絶対ポジティブな主人公が、彼らの傷を癒していく話なんでしょ<棒読み
 
 うーーー、緑川さまじゃなきゃ、子安武人さま出ないなら、絶対やめる。こーいうの苦手なのだ。なんかわかったよーな倫理をふりかざして、同情して、……なんか昔のドラマやアニメの苦い記憶が、口の中に広がってきたよ。
 ま、なんだかんだといっても現在進行形の作品なので、昔のようなステレオにはならないと期待してますけど。

 杉田智和さまが、ケルピーやってます。
 18歳なので、いつもよりオヤジじゃないです。が、杉田さまのオヤジな感じを愛してるので、ちょ、不満。(銀さん最高!) でも、可愛げがさっぱりないところは、さすが杉田さまですww

 で、問題のエドガーの過去なんですが…。
 「奴隷として売られて…」ってところで、なんで上半身ぬぐんだよww 背中に傷ががーーっとあるのかと期待してしまったじゃないか。つか、リディア、レディなんだから急に服脱いだらやばいとか、きゃ、とかしろよ。
 そんでもって、結局彼は何者なの?
 ってことで、エドガーがリディアに話したことはちっとも信じてない私。って、普通そこで100%真実を話していると信じるほうがどうかしてるだろう? もしかして、リディアの純粋さを現したいのかもしれないが、それは単に自分で自分を守れない、ただ無防備なだけってこと。

 いかん、乙女なファンタジーなのに、ついリアルに見てしまうわ。

 ともあれ、あのEDはいかんです。
 なんで、皆上半身裸なんだ。エロすぎる。ファンタジーなんだから、エロはだめですよww

 なにはともあれ、緑川さまの声はエロすぎる。それだけは声を大にしていいたい!





伯爵と妖精―あいつは優雅な大悪党 (コバルト文庫)
谷 瑞恵
集英社
売り上げランキング: 5867

スポンサーサイト
別窓 | 妖精と伯爵 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「魍魎の匣」第2話 狸惑わしの事 【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | 「機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン」第2話 ツインドライブ 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。