1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
≪ダンタリアンの書架≫ 第13回 『ラジエルの書架』【感想】
2011-09-25 Sun 11:15
 ここにきて、まさかの過去話。

 ブラッドもそうだけど、これも結構想像のナナメ上にいってますなぁ。
 
 ともあれ、若い時のつっぱってるヒューイが青い。
 まぁ、戦争を通り抜けて、とげとげしさがなくなった、というか丸くなったっていうのがわかりやすくてよいかも。

 で、飛行機乗りの上官だった男が、幻書の卵を書いていたってことで…。
 上官は、詩を作ってるつもりなんだけど、それがいつの間にか力をもって、そして彼は彼で戦場を求めて、物語は歪んでいく。

 上官、速水さまなのだ。
 も、愛染にしか聞こえんww
 いいお声で、詩の朗読ってほれぼれしちゃいました。耳の福ですわ。

 結局は、ラジエルの書架の少女と、その読み手(?)である教授の陰謀(?)で、それに振り回された上官は自分の死に気づかないまま、最後にはヒューイに撃墜される。
 少女は、「天使の書架」っていってたけど、前の町の人の代わりの人形を作ってって話といい、なんかやることがエグイのぉ。
 教授も、性格わるそーです。

 そして、ヒューイのもとに祖父の遺言が届いて…。

 1話の冒頭につながっていくのである。
 
 面白かった。
 で、2クールかと思ってたのに次で最終回なんだって。
 
 分割2クールなのかな。
 だって、焚書官の話もあれだけってねぇないよね。
 うむ。





TVアニメ「ダンタリアンの書架」主題歌「yes, prisoner」/「Cras numquam scire」
maRIONnetTe Yucca feat. Hugh Anthony Disward 小野大輔
日本コロムビア (2011-08-24)
売り上げランキング: 400

スポンサーサイト
別窓 | ダンタリアンの書架 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<≪夏目友人帳 参≫ 第13回最終回 『夏目遊戯帳』 【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | ≪BLOOD-C≫ 第11回 「たれもかも」【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。