1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『UN-GO』 第1回 舞踏会の殺人 【感想】
2011-10-16 Sun 21:18
 『UN-GO』 坂口安吾の「明治開化 安吾捕物帳」を原案に、終戦後の東京という近未来に舞台を移したとか。

 いやあ、面白かった。
 終戦後という退廃と、結城の虚無と、因果の不気味さと、海勝の胡散臭さと、そーいうものがいい塩梅にまざりあってよかった。
 正直、結城の中の人にちょい不安を感じてたんだが(顔出しの役者さんだし、ガンダムの映画の扱いはあれだったし)いやあ、すみません。考え改めます。よかったですよ。最高ですよ。
 最後の「堕ちている途中」っていうのにぐっときましたよ。

 で、因果。
 豊崎さまは、可愛い女の子の役しか記憶なくて、ついでに、特に上手いという印象はなかったのだ。
 これまた、すみません。考え改めます。
 上手いです。すんごい、上手かったです。

 そんな二人に振り回される海勝の娘。
 の、家の使用人が毒舌で素敵。

 あと、検察のおねーさんが、やっぱり毒舌で素敵。
 
 うん、女性キャラしっかりしてますな。
 これって、大事だと思う。

 物語は、海勝が表向きの探偵で、結城は現場にやってくるけど、解決できないへっぽこ探偵ってテイだけど、実は結城が全て解決してる。ただ、大人の事情や色々で海勝が解決したってことになってるよっていうのが骨組。
 よーするに、コナンだなww
 
 ともあれ、OPからEDまで、ずっと格好よかったです。
 これからが楽しみだ。


How to go(アニメ盤)(期間生産限定盤)(DVD付)
School Food Punishment
ERJ (2011-12-07)
売り上げランキング: 1747

明治開化  安吾捕物帖 (角川文庫)
坂口 安吾
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 21403

スポンサーサイト
別窓 | UN-GO | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『ギルティクラウン』 第1回 01発生:genesis 【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | 『ファイ・ブレイン 神のパズル』 第2回 賢者の報酬 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。