1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『バクマン。2』 第7回 「制止と生死」 【感想】
2011-11-16 Wed 21:25
 いやあ、やっぱ子安さまは最高です。
 あの、ドSっぷりがたまらん。

 原作だと、まぁ面白いのは面白いけど特別て感じじゃなかった、吉田氏と平丸のやりとりがここまで面白くなるとは。吉田氏のドSが増すごとに、楽しそうなのは気のせいじゃないよねww

 で、編集は、連載休止を、それも二人が高校をでるまでと決める。
 それに反発する二人。
 
 でもって、エイジたちも同調して、撤回するまでストをすると言いだす。

 人気がでてきた今だからこそ連載を続けたいと思ってる二人と、川口タロウのことがあるからこそ、二人の将来も考えて休止にしたい編集部。理解しろっても無理だよなぁ。
 子供の頃ってそうだもんね。
 親が、将来を思っていってくれてる言葉も、ただウザイとしか思えない。
 ま、そういうベクトルなんだろうなぁ。

 とはいえ、漫画故に死んでしまった叔父の存在は重いよなぁ。

 すごく大事にされてることに、二人はいつ気づくんだろうね。





バクマン。9 〈初回限定版〉 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル (2011-09-22)
売り上げランキング: 16944



スポンサーサイト
別窓 | バクマン。 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『WORKING’!!』 第7回 「恋のバッドチューニング」【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | 『世界一初恋2』 第6回 Love is without reason. 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。