1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「夏目友人帳 肆」 第12回 「記憶の扉」  【感想】
2012-03-22 Thu 22:55
 実家にいくことになった夏目。
 ニャンコ先生もついてきてますよ。

 …なんだかんだって、肝心なところはちゃんと用心棒してるんだよね、ニャンコ先生。
 
 が、駅弁食べてて大丈夫なんすかね。
 ニャンコは人間の食べ物はダメだと思うんだがww

 で、実家の鍵を持ってるという家に寄る夏目。
 そこには、アヤカシがいた。
 
 相変わらず、すぐアヤカシに絡まれる夏目なのである。
 でもって、やばいって状況に、はいりこんでくるニャンコ先生。
 絶妙のコンビネーションなのである。

 その家には夏目と同じ年ぐらいの女の子がいて、彼女は、両親が夏目を大事にしてたのに夏目はそれがわかってないと思っていたし、夏目に両親を取られるんじゃないかと恐れていた。
 ま、子供だから、っていえばそうなんだろうけど、でも、そういう空気がわかってしまうチビっ子夏目が可愛そうなのだ。

 とはいえ、今の夏目はそういう彼女の気持ちをきちんと受け止めることができるだけ大人になっていて…。
 
 つか、その大人になってるのが切ないんだよぉ。

 その家にアヤカシをそのままにしておくことができず、夏目は「自分についてこい」っていって、それをその家からひっぱりだしてしまう。

 一回、退散したかと思ったそれは、スキをついて夏目にとりついてしまった。

 あああああ。

 そんでもニャンコ先生がいるから、なんとかなるのかな。
 にしても、過去の自分ってイタイもんだけど、夏目ってその痛さをなんだかんだと思い知らされることになって、それはそれでしんどいよなぁ。






夏目友人帳 肆 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス (2012-02-22)
売り上げランキング: 104

夏目友人帳 肆 2(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2012-03-21)
売り上げランキング: 109

スポンサーサイト
別窓 | 夏目友人帳 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『ギルティクラウン』 第22回最終回 22 祈り:convergence 【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | 「Another」 第11回  #11 Makeup -惨劇-  【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。