1. 無料アクセス解析
『Fate/Zero』 第23回  「最果ての海」 【感想】
2012-06-12 Tue 21:32
 ライダーーーーーーー!!

 も、滅茶苦茶格好よかった。
 でもって、ちゃんとウェイバーを導いたところがすごい。
 
 アーチャーを前にひるまず、けど「主の命に従い戦わない、生きる」と言い放つ。本当に成長したなぁ、ウェイバー。

 最終決戦は始まり、ライダーを遮ったアーチャーはそれを下す。
 セイバーは、地下駐車場でバーサーカーと対峙する。

 雁夜オジサンいたよ。
 でも、バーサーカーが戦えば戦うほど苦しそうだ。でもって、桜の幻を見てるよ(あの場に桜がくるとは思えないから、あれは幻だよね)
 結局彼は、要所要所で選択を誤ったことを後悔しつづけ、自身を責め続けるんだろう。
 だからこそ、バーサーカーと連動して苦しい。

 ついにバーサーカーが自らの姿をさらす。
 それは、円卓の騎士の一人、ランスロットだった。

 あああああ。
 1期のEDの絵。あれかぁ。
 とやっと納得。
 湖に騎士がいる絵で、甲冑のスタイルとかがセイバーのものと同じ感じだったから、セイバーかと思ってた。が、ランスロットだったんだね。
 いやあ、なんかすっきり。

 って、見てる方はすっきりしたけど、セイバーは苦悩する。
 で、ライダーの「救いはしたが導いてはいない」という言葉を思い出す。

 ま、アーサー王の妻と不倫関係にあったというランスロットだから、セイバーに対する気持ちは複雑だろうな。

 ともあれ、なんか気持ちで負けてしまった感じになってるセイバーなんですけど、大丈夫なんすかね。






『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ
アニプレックス (2012-03-07)
売り上げランキング: 605

スポンサーサイト
別窓 | Fate/Zero | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『ファイ・ブレイン 神のパズル 第2シーズン』 第10回  パズルタイムが始まらない 【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | <つり球> 第9回 #9「衝撃のアンダーウォーター」 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |