1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『Fate/Zero』 第24回  「最後の令呪」 【感想】
2012-06-20 Wed 22:19
 聖杯が選んだのは、切嗣だった。
 
 が、聖杯は切嗣の望んだ未来を与えてはくれなかった。
 願望器だから、切嗣の知っている方法以外にやり方を知らない、というのが本気で絶望的だよな。ってことは、セイバーがそれを手にしても、結局のところブリテンの運命を変えることはできないってことなんだよね。

 にしても、切嗣も綺礼も人間離れしすぎですよ。
 
 そして、ひっそりと多分お亡くなりになった雁夜オジサン。
 不憫すぎる。
 
 雁夜もそうだけど、ランスロットにしろ、切嗣にしろ、セイバーにしろ、純粋すぎる故に、我が身を食らうことになってるんだろうな。純粋さを、自己完結しようとあがきすぎて、袋小路におちてします。だから、自分を傷つけることでしか打破できない。

 そして、それは弱さなのだろう。
 
 聖杯は、その切嗣の弱さにつけいったと言えるだろう。
 
 なのに、切嗣はそれを別の弱さで撃ちぬく。
 イリアを撃ち、アイリを縊り、彼は絶対的な絶望の淵に辿り着く。

 だから、セイバーに「聖杯を壊せ」と命をくだす。

 …ナタリアを失った時に、彼は魔術の世界からきっぱりと逃げ出すべきだったんだろうな。
 逃げ出さないことが、父やナタリアへの贖罪だったとしても、購わずにあり続けるという強さを彼は持つべきだったんだろうなぁ。




『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ
アニプレックス (2012-03-07)
売り上げランキング: 605

スポンサーサイト
別窓 | Fate/Zero | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『ファイ・ブレイン 神のパズル 第2シーズン』 第11回  ノノハだって解きたい! 【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | <つり球> 第10回 #10「俺たちのタックル」 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。