fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析
「キャシャーン Sins」 第6話 運命との再会 【感想】
2008-11-06 Thu 20:51
 黒いキャシャーンみたいなの、ディオ登場ですよ。

 キャシャーン@古谷徹さま、と、ディオ@森川智之さま、でまるで禅問答のようなやりとりが延々と…。
 しかも間に、へんにリンゴのロリ声がはいる。
 うーん。ロリは必要ないですよ。
 古谷さまと森川さまのやりとりだけで、すごい緊張感があるのに、むしろリンゴでそれが緩和。
 ま、それを狙ってましたっていうなら仕方ないですけどね。

 ともあれ、ディオは世界の覇者となって滅びをとめるという。でもって、そのためにキャシャーンを殺すと。
 しかしながら、キャシャーンを殺せば即滅びがとまるというのではなく、自己再生ができるキャシャーンの身体を調べて、それで滅びをとめる、って殺す意味ないじゃん。
 ともあれ、相変わらず鬱々としているキャシャーンは、「滅びがとまるなら」ってディオに殺されることを受け入れるんだけど…。なんで必殺できないんだ、ディオ??
 で、うだうだやってるうちに、キャシャーンの自己防衛のスイッチはいりますよ。

 いやあ、このスイッチがはいったキャシャーンは、めっちゃ格好いいっすね。
 で、動きもいい。
 ディオが、結構直線的に動いてるのに対して、キャシャーンは体のしなやかさを最大限に生かした動きをしている。
 きちんと動きをかきわけてるところ、さすがタツコノコプロって感じです。
 目の保養になるよ。

 で、キャシャーンの危機を救ったのは、リューズで、「今なら自分を殺せる」というキャシャーンに、「正々堂々と姉さんに恥じないようにお前を殺す」と。
 …それって、も、殺さないよフラグですからww

 そして、ディオは、ディオとキャシャーンによくにた女性に救われる。
 小山芙美さま、ですよ。なんて豪華な声優陣。
 でも、キャシャーンっぽいの多すぎじゃありません??

 と、ディオは気になる一言を残していってますよ。
 「ルナも死なない体だった。死なないはずのルナを殺したからその呪いで、キャシャーンは死なないのじゃないか」と。

 …ん、ルナもロボットだったのかな?
 
 ゆっくりだけど、少しずつ謎が解かれていく感じがあってよいです。
 でもって、妙に引き込まれます。

 やっぱ、キャシャーン好きww


青い花
青い花
posted with amazlet at 08.10.30
カラーボトル
DREAMUSIC( C)(M) (2008-10-29)
売り上げランキング: 305

スポンサーサイト



別窓 | キャシャーン Sins | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「黒執事」 第6話 その執事、葬送 【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | 「魍魎の匣」第5話 千里眼の事 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |