fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析
マクロスF(フロンティア) 20話 までの感想
2008-11-25 Tue 21:12
 ラジオ「マクロスF」で妙にはまってしまったので、本編を見る。
 って、ラジオでストーリーは、なんとなくほとんど把握してしまっているので、どうよって感じですが。

 20話までみた。

 で、


 ミハエル!!!!!(号泣)


 神谷浩史さまのミハエルはとーーーってもよかった。
 やっぱ、ちょっと嫌味なクールな役やらせると、めっちゃ上手いよね。
 あと、ルカの福山潤さま、美味しいところもっていきすぎですww 半ズボンで、常に頬紅はいってるキャラで福山さまってどうよと思ってたけど、いやいや、さりげなく、でもしっかりと自己主張、な、ところがはまり役でした。

 で、ストーリーそのものですが…。
 うーん。一応マクロスの話は、多分初期と最初の映画あたりまでは知ってて…だからついていってる部分があるかなぁ。なので、全く知らないとちょっとキツイというのが、まずどうよと。ま、「マクロス」と冠した段階で、覚悟はあったんだろうけどね。
 と、男の子は精神年齢が低いもんなんですよ。恋愛感情に鈍い子は、とことん鈍い。
 なのに、ランカとシェリルが「アルトくん」「アルト」と迫っていくのはどうかと。いや、迫っていくのはまぁあれとしても、それが話のメインみたいになってるのは、ウザイですよ。
 自分の気持ち伝えて、ってランカ、今非常時だろう。
 つか、ランカもシェリルも、その気持ちの大元は「釣り橋効果」ですから。でもって、同じつり橋だったのにアルトに効果でてないってことは、ほぼ脈ないですからww

 ま、なんか妙に青春恋愛物にしたい感じがセコクて困りますよ。
 20話のミハエルとクランだって、まぁ、多少フラグがあったにしろ、唐突すぎますよ。って、ミハエルの過去つか、姉さんの話も、なんか無理矢理だったし。
 
 うーん、結局設定に懲りすぎた感がいなめないです。

 とはいえ、物語にあわせてかわるEDとか、歌とか、ひきこまれて見せる部分が多いのも確か。

 ああ、忘れちゃいけない。
 杉田智和さまの悪役、最高っす!! 髪型ヘンだけど。

 …にしても、外宇宙を目指した統一された世界(コロニー)ってある意味、「機動戦士ガンダム00」でいうところのアロウズ以降の世界的な印象を受ける。
 が、結局のところ、人は戦うことをやめられないでいる。
 ガンダムで、イオリアが「紛争根絶という第一段階にこだわった」というその要因ってこういう所にあるのかもしれないなぁ。


マクロスF(フロンティア) 1 (Blu-ray Disc)
バンダイビジュアル (2008-07-25)
売り上げランキング: 636


マクロスFO.S.T.2 「娘トラ。」
TVサントラ シェリル・ノーム starrinng May'n 中島愛
JVCエンタテインメント (2008-10-08)
売り上げランキング: 93

スポンサーサイト



別窓 | アニメ~終了  | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「伯爵と妖精」第8話 涙の秘密をおしえて 【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | 「機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン」第8話 無垢なる歪み 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |