1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
<ドラマCD「PERSONA-trinity soul-」 The Sound of Christmas>感想です
2008-12-04 Thu 09:31
 クリスマスの日。
 慎と洵は、諒と一緒にクリスマスをすごそうと計画を立てるのだが、諒は「忙しい」の一点張り。で、街には影抜きをするモーリーが復活したという噂があり、真相を確かめようとカナルが…。

 ポイントは、くま、です。
 いやあ、スタッフよくわかってらっしゃる。
 「署長の消えた日」でどんだけ、クマ萌えしたことか。ありがとう、スタッフm(__)m

 ともあれ、あんまりストーリーをばらすのはいかんと思うので、極力ネタバレにならないように書きますが、諒兄ちゃんは最高です!
 つか、あの3兄弟は、不変です。
 相変わらず、取り付く島のない諒兄ちゃんにつれなくされる慎の健気さ。色々わかってるんだけど、上手く折り合いがつけない、ともするとユキの存在に逃げてしまいそうになっている洵。そして、どこまでいってもツンデレな諒。
 胸がきゅんといたしました。

 でもって、やっぱり諒が、慎たちにちゃんと話してちゃんと対応してたら、本編の悲劇はもうちょっと形が変わっていたんじゃないかなぁと切なくなります。…もっと、年齢が近かったらよかったのかもしれないね。11?12歳違うのかな。特に10代と20代後半の差は、大きいからなぁ。どーしても、諒兄ちゃんは弟たちを子供、つか保護する対象にしか見られなかったんだよね。
 つーのが、言葉の端々にあって、またこれが切ないのよ。

 と、あくまで子安武人さま中心に聞いてますが。すみませんm(__)m

 物語が全て終わった、いわばネタバレした状態での物語りなので、一種のわかりやすさがあります。だから、本編で????でちょっと消化不良気味の方に、むしろおすすめ。
 なんか、本編が終わったからこそ、できることが増えてるんじゃないだろうかと思うので、続編をぜひ出してくださいm(__)m
 
 そだそだ。
 真田@緑川光さまが、なんだかんだとよく出てきてます。
 本編はずっと諒の電話の相手の謎の人物だったので、なんか固い感じだったけど、過去話もあってなんだか諒と仲良しで、妙に可愛いです。つか、ずっと孤独を背負ってきてたような諒だけど、こういう過去もあったんだぁと嬉しいけど、やっぱ切ない。

 そして、とどめの一言。
 やられました。即死です。
 子安さまは、最高です! も、ずーーーっとついていくよぉ。

 初回版にはキャストトークがついてます。真面目に話してますよ。やっぱり緊張して、わたわたしてる岡本信彦くんがかわいい。
 
 いい買い物。
 いいクリスマスプレゼントになりました。ありがとーーーー!!!


ドラマCD Persona-trinity soul-The Sound of Christmas
ドラマ 岡本信彦 子安武人 沢城みゆき 阿澄佳奈 田坂秀樹 中原麻衣
Frontier Works Inc.(PLC)(M) (2008-11-27)
売り上げランキング: 645


スポンサーサイト
別窓 | ペルソナ ~トリニティ・ソウル~ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「キャシャーン Sins」 第10話 過去に囚われた男 【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | 「魍魎の匣」第9話 娘人形の事 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。