FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
「キャシャーン Sins」 第12話 生きた時間を色にして 【感想】
2008-12-18 Thu 15:22
 街を塗り替えようとしている男に出会った、キャシャーン。

 …ま、このアニメでよくあるパターンの話っちゃ、そうなんだけどね。
 滅びを前に、ポジティブに生きようとしてる者と、それに反発するものと、自我を見失っていて迷いまくってるキャシャーンと。
 と、書くと、あんま進歩してないな、キャシャーンww

 色を塗ってる男、マルゴーを石田彰さまがやっとります。
 も、ちょい卑怯だよ。なんか脚本の、それってストレートすぎやしませんかい? その展開はちょっとなぁ?っていうのでも、ベテランさまの神演技で、妙に説得力があるものになってしまう。
 色々、つっこみたいところはあったんですけどね。も、石田さまの切ない演技で、落涙させられて、これでいいじゃん、って思わされてしまった。ち。

 しかーし、切なさにうるうるしてるところに、リンゴうざい。
 でもって、そーいう説明的なセリフを、知ったようなことを言うんじゃねぇ。
 あの一言で、ちょい、百年の恋が冷めた気分になった。

 ともあれ、一応街を治めてきたもの達の象徴としての街の色、というのはあれとしても、滅びを前にあがく、という構図はちょっとくどくなってきたかなと思うんですけどね。
 って、だから、それゆえの、石田さま投入なんだろうけど。

 あ、キャシャーンの目が青くなって自我を失うっていうスイッチが入りやすくなってきてる感じ?
 これって、彼もどうにかなってきているってことなんでしょうかねぇ。
 単に、今回の物語をさくっと進めるためのことでした、ってだけだったら、怒る。


キャシャーンSins DVD 特別装丁BOX1巻
ジェネオン エンタテインメント (2009-02-25)
売り上げランキング: 11340


キャシャーンSins Blu-ray 特別装丁BOX1巻(Blu-ray)
ジェネオン エンタテインメント (2009-02-25)
売り上げランキング: 7867

スポンサーサイト



別窓 | キャシャーン Sins | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「黒執事」 第12話 その執事、寂寥 【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | 「魍魎の匣」第11話 魔窟の事 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |