FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
「黒執事」 第20話 その執事、脱走 【感想】
2009-02-27 Fri 15:44
 先週の続き。

 結局ですね、ラウが一枚かんでたわけですね。
 OP前に、ラウの幼少期のイメージ、つか、アヘンの見せる幻影というか、そういうのが出て…。舞台がイギリスで、ラウを中国人にした意味が、ずっしりとくる回なのでした。

 ともあれ、拷問にかけられるセバスチャン。
 お約束ですねww
 でもって、鞭もってアンジェラ登場。やっぱり、アンジェラはシエルに固執してるみたいで、そのためにはセバスチャンが邪魔で、どうにか排したいんだけど、セバスチャンはセバスチャンでシエルに固執してるからな。そんなに、美味しそうなのか、シエルはww
 にしても、なんて格好なの、アンジェラ。
 一応サービスシーンみたいだったんだけど、鞭うたれているセバスチャンの方が色っぽい罠ww
 いやあ、堪能させていただきました。
 なんか、異常に作画きれいでしたね。

 そのころシエルは、監禁場所から逃げだそうと…。
 お人よしアバーラインがシエルの力になってやると言い出しますよ。も、完全に死亡フラグたちました。それも、めいいっぱい。
 シエルは、アバーラインのお人よしっぷりにほだされたっぽいんだけど、ちょっと卑怯かなと思わないでもない。「すべての駒がなくなって盤上にキングだけになっても、僕は戦うのをやめない」って言うけど、シエルにはセバスチャンという最強の駒が、しかも、絶対としてあるからな。アバーラインがそれを知っていたら、このあとの展開はなかったと思うが、ま、なんだかんだとシエルの心の柔らかい部分をぐさぐさやるのがこのアニメなので、いたしかたないか。
 
 ともあれ、コラーロに事実を聞き出し、セバスチャンを呼び、ラウを追うシエルたち。
 そして、アバーラインは、シエルをかばって…。

 セバスチャンに平手打ちかますシエルが、切なかったですよ。「私はわかってました。坊ちゃんの命は危険でない、アバーラインが…」としれっとセバスチャンが言うけど、ま、そう答えるだろうとシエルもわかっているんだろう。わかってても、打ってしまう。
 しかーし、シエルがアバーラインに「馬鹿だ」といったあと、「馬鹿ですね」って呟くセバスチャンの顔が、めっちゃ怖いんですけど。もしかして、アバーラインに嫉妬してる?? うん、これは嫉妬だよな。シエルが自分以外に信頼をよせたから? 自分の知らない間に、なんかアバーラインを受け入れてたっぽいから??
 なんて心が狭いんだ、セバスチャン。
 やっぱ、悪魔だなww

 にしても、これでラウ退場なんすよね。
 せっかく、目が開いた男前の顔を見られたというのに…。


黒執事 I 【完全生産限定版】 [DVD]
アニプレックス (2009-01-21)
売り上げランキング: 76

黒執事 II 【完全生産限定版】 [DVD]
アニプレックス (2009-02-25)
売り上げランキング: 190

スポンサーサイト



別窓 | 黒執事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「テイルズ オブ ジ アビス」 第22話 消えゆく者 【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | 「とある魔術の禁書目録(インデックス)」 #21 正体不明(カウンターストップ)【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |