FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
ドラマCD【すべてはこの夜に】
2009-03-10 Tue 15:03
すべてはこの夜に (クロスノベルス)
英田 サキ
笠倉出版社
売り上げランキング: 31917


すべてはこの夜に

<内容>
英田サキ先生の大人気作品をドラマCD化! 借金苦に追いつめられ、やむなく見知らぬ相手を銃で撃つという仕事を請け負った加持智充。しかしその標的となったのは、忌まわしい過去の男湊彰彦だった。一度は憎んだ相手に弱味を握られ、支配される屈辱を味わう加持。憎しみを忘れかけた加持に対して、湊はさらに自分を憎むよう要求するのだった・・・。
<アーティスト/キャスト>
神谷浩史 鳥海浩輔 遊佐浩二



 前半は、加持と湊の話で、後半は、湊の部下と義兄の話。
 でもって、後半にもっていかれます。ちww

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

 聞いてる時はそんなことないんだけど、こうやって感想書いてると、ちょ、それは無理なんじゃねぇと思う罠。
 加持と湊は大学の同級生で、加持は喫茶店を経営してたけど失敗して、湊はヤクザになって次期組長って立場。いくら、敵対勢力が湊を殺したいっても、素人に銃渡してっていうのは無理っしょ。そもそも、加持がすごいヘタレなのだ。借金の方に、っても人を見てやれよと、思うのに、面白かったんだよね。
 加持も湊も、特に湊がめちゃくちゃ不器用なので、大学のころから誤解が誤解を生んで、悲劇も生んで、今も誤解しまくってごちゃごちゃになってる。
 それを、丁寧に解きほぐしていく感じが、英田センセうまい。
 でもって、加持をやってる神谷さんがまた、いい塩梅にヘタレてるので、ヘタレのくせに説得力があって…困る。胸がきゅんきゅんしてしまったじゃないか。
 なんつーか、思いがうまく伝わらなくてうじゃうじゃ言ってる感じは、名人芸っすな、神谷さん。

 最後に、えええええ、ってなるんだけど、やっぱ、BLだから、こーなりますww

 で、後半は、湊の部下の過去話で、出所して姉の墓参りにいって、義兄と親しくなって…。
 いやあ、切なかった。
 も、今年の桜は、普通に見られないかもしれないぐらい切なかった。
 …うん、これには言葉を重ねることは無意味だろう。
 人を恋う気持は、いつだって誰だって純粋なのです。



スポンサーサイト



別窓 | CD | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「とある魔術の禁書目録(インデックス)」 #23 風斬氷華(トモダチ)【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | 00星人とトラファルガー・ロー>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |