1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「続・夏目友人帳」 第十一話 呪術師の会 【感想】
2009-03-17 Tue 20:41
 アフレコではきっと「呪術師」で、噛み噛みしていたに違いないと思われww

 塔子さんとお買物の夏目。
 荷物いっぱい持って、ニャンコ先生にはリードつけて、普通の家の普通の子みたいで、「ここにきて与えてもらってばかりいる」と幸せをかみしめてる体っぽいです。
 でも、いい子の夏目は、与えてもらってばっかりじゃいけないと思ってるんだよね。
 夏目、君はまだ子供だから、それでいいんだよ。子供は、与えられるもので、存在しているそれだけのことが福音なんだよ、って早く気づいてほしいよ、夏目。

 と、傷ついたアヤカシが空から落ちてきて…。
 助けようとしたけれど、突然現れた大きなアヤカシに、その小さな鳥のアヤカシは食べられてしまう。そこに、柊をつれた名取が姿を見せる。
 名取は、夏目に「呪術師の会」があるから、一緒に行こうとさそう。

 名取と夏目が「呪術師」というところが、なんか緊張感がありましたわ。
 この言いにくさは、レギオスの「天剣授受者」レベルっすな。

 夏目は、自分と同じ痛みを知る人に会えるかもしれないと、その会にいくことに。

 会の案内はアヤカシがしていて、会場は人間もアヤカシも区別なくいて、そこで自分が他の人から異質に見えていたのも仕方なかったのかもしれないと思いいたる夏目。
 それは、夏目に余裕ができてきたからなんだよ。
 でも、夏目の余白はまだまだ小さいから、名取に「あせっている」と指摘され「自分を知ることが大事」だと諭される。
 ま、こういう夏目の不器用なちょっと阿呆なところがかわいいんだけどね。

 会場で夏目はナナセという老婦人に会う。
 夏目レイコの孫だと夏目がいうと、どういうなくなり方をしたのかと問うナナセ。
 それに対して「聞ける立場じゃなかった」と答えるのが切ないっすね。自分の祖母だよ。教えてほしいと思うのが当たり前なのに、今までずっときけずにいたのか、夏目。もしかしたら、両親のこともろくに知らないのかもしれないね。自分のルーツを知ることは、自分を大事にすることにつながっているのに。基盤が曖昧であることが、夏目の卑屈さの一番の原因かもしれない。

 その会場には、先の大きいアヤカシが潜んでいて、夏目は名取と協力してそれを封じることに成功した。
 もっとも、そうなるように仕向けたのは、ナナセで、鳥のアヤカシは大きいアヤカシをおびきだすためのエサだったと。アヤカシは、悪いものだと決めつけるナナセ。
 ゆえに、名取にレイコのことや友人帳のことを言うことができなくなった夏目。
 
 「人を信じていいのだろうか」
 って、夏目、悲しすぎるよ。
 夏目にとって、アヤカシの方が、ニャンコ先生もいるから余計近い存在なのかもしれない。自分自身が人間だから、人間の弱さや愚かさを知ってるからこそ、踏み出せない部分があるのだろう。
 
 なんつーか、それが悲しいね。



続・夏目友人帳 1 【完全生産限定版】 [DVD]
アニプレックス (2009-04-22)
売り上げランキング: 45

続 夏目友人帳 音楽集 いとうるわしきもの
TVサントラ
Aniplex Inc.(SME)(M) (2009-03-18)
売り上げランキング: 318

スポンサーサイト
別窓 | 夏目友人帳 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「とある魔術の禁書目録(インデックス)」 #24(最終回) 虚数学区・五行機関 【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | ドラマCD&BOOK【こどもの瞳】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。