FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
『神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS』第1奏 邂逅:misterioso 【感想】
2009-04-05 Sun 14:27

<ストーリー>
人と精霊が共存し、精霊が力を持って暮らす大陸--ポリフォニカ。人々は精霊の起こす奇跡に頼り、精霊は人の奏でる音楽を糧としてこの世界のありとあらゆる場面でその力を発揮していた。
 精霊は音楽家の奏でる音楽に操られ、その力を発揮する。その特殊な音楽を奏でる彼らは『神曲楽士(ダンティスト)』と呼ばれ尊敬を集めていた。

月の輝く夜、孤児院の屋根で二人は出会った。比類なき強き精霊--コーティカルテ・アパ・ラグランジェスと孤独な少年--フォロン。 「お前を私だけのものにしたい。お前の描き出す魂の形を私だけのものに。
--ダメか?」
 精霊が口にしたのは契約の言葉。絆を結ぶための神聖な儀式。だが、それは少年にとって一夜の夢のようなできごとだった。
 そして、時は流れ、あるできごとをきっかけに絆が再び動き出す。

<キャスト>
タタラ・フォロン神谷浩史
コーティカルテ・アパ・ラグランジェス戸松遥
ツゲ・ユフィンリー川澄綾子
サイキ・レンバルト小西克幸
ユギリ・ペルセルテ水樹奈々
ユギリ・プリネシカ佐藤利奈

<公式HPより>



 「クリムゾンS」がついてない、ポリフォニカあるんですけどね、あれは第1回しか見てないの。
 だもんで、ちょっと心配でしたが、どうやらクリムゾンSはあれより前の話みたい。まだ、フォロンは学生やってますよ。
 でもって、ちゃんと、フォロンとコーティカルの出会いのところからやってくれました。
 いやあ、格好いいわ、コーティカル。なのに、どーしてあれが12年たつとロリになるんだ?

 ともあれ、なんだかんだと楽しかったですよ。
 も、フォロンのヘタレっぷりが愛おしい。ネガティブっぷりが、たまらん。ホント、こーいう役やらせるとうまいよね神谷さま。ま、だから、どっかで「総受け」とかっていわれちゃうんだろうけどww

 しかし、精霊が呼び出せなくて進級テスト落ちたのに、なんか思いつきで(?)歌ったら、えらいごっついのが出てきて、やばいとかっていうのは思わないのか? こーいうのって、「十二国記」で泰麒がゴウランを使令に下したのと同じような危うさがあると思うんだが。ってこの世界ではそれはスルーですか?
 と、神曲を演奏する楽器がねぇ。
 なんつーか、もっそいバブル期の匂いがするですよ。なんか美しくないんですけど。もそっとなんとかならんのか。うん、楽器はシンプルな方が、実際美しいもんだからねぇ。でもって、それを美しく弾くのは人間であって…って、演奏する姿を美しく描けないから、ごまかしたのかよ、とちょっといぢわるに思ってみたりして。
 あー、少なくともヴァイオリン系はもっと、体をひねって描いてくださいよ。肩からだらっと落としてするなら、もっと曲を軽いやつにするとか。ヴァイオリンは構えただけで、どれっくらい弾けるかなんかわかる恐ろしい楽器なんだからww

 と、サブタイトルは、楽語でいくんですかねぇ。
 でも「misterioso」は、神秘的に、って意味なんですがww
 ま、ある意味神秘的な出会いと再会でしたから、OKか。

 まぁ、なんにせよ今季、神谷さまの出番少ないっすからね。その貴重な主役作品。
 がんばりますよ<何をだww


神曲奏界ポリフォニカ オリジナルサウンドトラック
TVサントラ 菊地創 kukui
ランティス (2007-06-27)
売り上げランキング: 12961

神曲奏界ポリフォニカ キャラクターソングアルバム
TVサントラ コーティカルテ(戸松遥) フォロン(神谷浩史) ペルセルテ(水樹奈々) プリネシカ(佐藤利奈) レンバルト(小西克幸) ユフィンリー(川澄綾子)
ランティス (2007-08-22)
売り上げランキング: 33462

スポンサーサイト



別窓 | アニメ etc | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「鋼殻のレギオス」第13回 銃身に秘めた想い 【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | 『アスラクライン』第1回 EX001 機巧魔神(アスラ・マキーナ)【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |