1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『花咲ける青少年』第4話 長き夜の明ける日 【感想】
2009-04-27 Mon 20:50
 えーーっと、この「花咲け」最高!って思ってる方は、リターンしてね。





 樹なつみ、って方は、才能つかセンスつか、なんかすごいものを持ってることは確かなんだと思う。
 このデンパな、イタイ子の花鹿で、なんだかんだと話を成立させてるもんな。
 うん、ステレオな部分とそうじゃない部分のバランスがうまいんだろう。

 がしかし、女性はお嫌いですか?

 花鹿以外の女性キャラをわざと没個性、ステレオにしていることに、なんだか呪詛的なものまで感じてしまうですよ。

 ユージンの話は、結局「家庭は愛憎を煮詰める大鍋」ってやつですね。
 なんか肝心なところをスルーで、まるっとおさめたっぽいけど、それはそれでOKなんでしょ。

 しかーし、作画が崩壊したらあかんよ。

 も、綺麗な綺麗な人がでるっていうのが一番の見どころなんだからそこがコケてどーするよ。

 来週は、ついに子安さま登場ですか??
 わくわく。





花咲ける青少年オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ
エイベックス・トラックス (2009-05-27)
売り上げランキング: 209299

スポンサーサイト
別窓 | 花咲ける青少年 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<『グイン・サーガ』第4話 死の河を越えて 【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | 『神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS』第4奏 暗躍:rubato 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
素人が銃を撃つのは大変危険ですが、もっと危ないのは処女が色男とと褥(しとね)を共にすることでしょう。 花鹿は七歳の女の子二人分とは違... …
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。