fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析
『シャングリ・ラ』第6回 虚構戦線 【感想】
2009-05-11 Mon 13:52
 香凛が国にもちかけたのは、「オロチ退治」
 しかも、市場にエサをまいて、罠をしかけるというもの。

 「国が滅ぼされてもいいの」
 「国はどんな汚い手でもつかう。生きるということはそういうことだ」

 と、香凛と國子のばあちゃんと、全く違う立場にいるのに、考えてることが似てるなと。
 まぁ、カーボン市場を見続けて、それで儲けていってるんだから、同じような視点になるのもわかるか。つか、その視点が物語が動いていくカギになるのかな。

 そのころ、国仁は月宮殿へ。
 美邦に、呼び出され、気に入られちゃいましたよ。小夜子は「美邦さまの試練を通るものが、立て続けに出るとは」って驚いてますよ。でもって、国仁もアトラスランクがブロックされている様子。
 國子については涼子が「太陽」とかっていってるから、元々観察する要素っていうのがあるんだろうけど、国仁もやっぱ同じようなのか。でも、彼は普通の家の生まれで、すくなくとも母親は普通そうだった…。

 もしかして…。
 2人の、そして美邦のパパは、モモコだったとか。でもって、モモコは涼子の兄とかなんとか。

 ま、そんな単純ってことはないかww

 ともあれ、香凛の策は上手くいき、オロチがモルジブの島にいることがわかり…。島まで特定したのは國子で、ハッカーしてた涼子の部下が涼子にその情報を伝えますよ。
 で「太陽だわ」って。
 國子は、ちょっとニュータイプっぽいところがあるのかな。なんかPC画面見てるだけで、わかってくるものがあるっぽい。

 情報を得たアメリカは、その島を爆撃しちゃいました。
 …アメリカさんは、やることが過激だww

 そのオロチのシステム、実は香凛のPCの相手(PCの人格?)が作ったもので、目的はメデューサに危機意識をもたせ学習させることだったんだとさ。なんか、メデューサが不憫だ。

 市場が云々って話は、難しいし、わけわからん部分が多いと思うんだが、それを國子側、国側、などを見せていくことでうまく説明していったなと思います。なんか、わかった気になったww
 と、涼子さまの女王様っぷりが、素晴らしいですわ。ええ。
 と、なんで市場が荒れると、水蛙子が苦しむんだ? 彼女(?)もメデューサみたいなものなのか??

 ともあれ、今週もとーーっても面白かったです。



シャングリ・ラ 限定版 第1巻 [DVD]
角川エンタテインメント (2009-07-24)
売り上げランキング: 1003

スポンサーサイト



別窓 | シャングリ・ラ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『花咲ける青少年』第6話 純心 【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | 『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第6話 希望の道 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |