FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
『花咲ける青少年』第19話 おさえきれない気持ち 【感想】
2009-08-31 Mon 14:35
 クインザ、きたぁ!!

 でもって、なにしにきたか、って単にルマティの無事を確かめたかっただけという、相変わらずのルマティ馬鹿なのであった。いろいろ、言葉を飾ってましたが、結局はそーいうことだろう。でもって、花鹿はまだそこのところを見抜く力量というか、経験が足りないか。
 見抜いてたら、クインザが「革命」を望んでいることに気づいたかもしれないのにね。
 …このまま、クインザの望みとおり革命みたいなことになって、ルマティが王座についたら、クインザは兄王のそばにいたものとして断罪されてしまうと思うんだが。自らの命すら、ルマティのためなら投げ出すことに迷いがないっぽいクインザなので、最大限の悲劇が予想されて鬱。
 また、子安さまの声で、涙つか体中の水分をしぼりとられるぐらいになるんじゃなだろうかねぇ。
 花鹿の部屋を出て「革命を」云々いってるときの声が、平静だから余計そう感じる。子安さま、ああいう台詞で微妙に狂気をいれることができるからなぁ。あえて、はいってないところが、かえって怖い。

 そのころ、カールくんはおうちにかえってますよ。
 …なんで、メインキャラ以外の、特に女はとことん俗物に描くんでしょうねぇ。カールくんのねえちゃん、ひどすぎ。
 ともあれ、カールくんの父ちゃんはハリーの出生の秘密を知ってるみたいですよ。で、カールが花鹿と接触したのを、ちょっとラッキーと思ってるっぽい。
 ハリーの出生を知ってるってことは、花鹿が王位継承者だと理解してるってことだからな。
 カールと花鹿がくっついたら、むしろ棚ボタ?ww

 で、リーレンは、嫌味なオジの訪問をうけてますよ。
 結局、この訪問って展開は、そのオジに向かって「ローゼンバークとは手を切ってください」といわせるためのものだったんだろう。やれやれ。

 ついでに、ルマティは政治家になることを、決意したっぽいですよ。
 もっとも、兄のことはまだ割り切れてないみたい。

 そして、花鹿は無事帰国。
 それには、ハマティじいちゃんからの手回しがあったっぽい。
 これは、ナジェイラがハリーのことに気づくきっかけを与えたってことじゃないんか? 

 にしても、花鹿、「怪我したところをみせろ」って押し倒すし、怪我した方の腕を取るし…。心配してたといいながら、やること乱暴すぎです。

 と、作画……。
 なんでこんなにめちゃくちゃになるんだろう? むしろ、それが謎。

 ともあれ、来週はハリーパパ登場ですよ。
 わくわく。





花咲ける青少年 Vol.1 [DVD]
ケンメディア (2009-07-31)
売り上げランキング: 3550

花咲ける青少年VOL.2 [DVD]
ケンメディア (2009-08-28)
売り上げランキング: 8330

スポンサーサイト



別窓 | 花咲ける青少年 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『07-GHOST(セブンゴースト)』第22回 水の底の光に導かれ、覗きしものは… 【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | 『シャングリ・ラ』第22回 永遠乃絆 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |