1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『07-GHOST(セブンゴースト)』第23回 心の闇のその先に 【感想】
2009-09-08 Tue 20:18
 司教試験のつづき。

 試練の橋に現れたのは、自分自身の闇だった。
 ってことで、テイトのところにはアヤタンが、ハクレンのところには彼の父親がでてきますよ。

 うーん。14,5才ぐらいの子が抱えてる闇って、さほどじゃないと思うんだがな。まぁ、その分自身の世界が狭いから、闇と対峙するのは怖いし、乗り越えることは難しいんだろうけどな。
 
 にしても、司教試験が始まってから急に出てきた兄弟。
 彼らはこれからなんかかかわってくるんでしょうかねぇ。なんか、テイト&ハクレン以外の試験生を描くためのキャラっぽい気がして、パクロミさまの無駄遣いなんじゃねぇ?と心配しているわけだ。

 ともあれ、ハクレンはテイトによって「光を得た」とかで、父の存在を受け入れることができましたよ。まぁ、ハクレンの場合は父に認められたい、愛されたいっていう気持ちが歪んでの憎しみだからなぁ。
 
 テイトは、アヤタンにお前のせいでミカゲは死んだと責められて、茫然自失ですよ。
 が、そーいうことを言うアヤタンは、自分自身だと、でもってなにもかも全部受け入れて生きていくんだと…。

 ってことで、無事試験受かりましたよ。
 ま、テイトやハクレンの内を知るということはよくわかったけど、<試験>ってもんだとなんか公平性にかけるよな、と思うのであった。まぁ、こーいうことつっこんでいったらキリないですけどねww

 そのとき、帝国軍が教会にやってきますよ。
 ミカエルの瞳をつかったものを捕らえるためだそうで…。

 そしてテイトがあけた扉の先には、アヤナミの姿が。

 全26話とかなんとか言ってたので、来週からアヤタンとのラスボス戦ってことなんですけねぇ。
 にしては、ちょっと早く出すぎてる気がするな。
 ともあれ、アヤタン格好よすぎです。も、好きにしてください、って感じww






『07-GHOST』 Kapitel.1 (初回限定版) [DVD]
エイベックス・マーケティング (2009-08-07)
売り上げランキング: 1357

『07-GHOST』 Kapitel.2 (初回限定版) [DVD]
エイベックス・マーケティング (2009-09-04)
売り上げランキング: 1209

スポンサーサイト
別窓 | 07-GHOST | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<<狼と香辛料 Ⅱ>第10回 狼と孤独な微笑み (感想) | マニアは無慈悲なオタクの女王 | 『シャングリ・ラ』第23回 崩壊序曲 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。