fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析
<うみねこのなく頃に>第13回 Episode3-2 gambit (感想)
2009-09-24 Thu 17:21
 gambitとは、<ポーンを犠牲にして展開の速さを求める定跡>なんだそうですよ。
 ってことは、源治やシャノンたち使用人はボーンってことなんすかね。

 で、ローザの回想ですよ。
 島には隠れ屋敷があって、そこにはベアトリーチェがいた。
 …きちんと手入れされた広い庭に薔薇がさいてて、長いドレスきたベアトは優雅に紅茶飲んでたんですけどねぇ。この屋敷や、ベアトの生活を維持するには、一人や二人の使用人じゃ無理だと思うんだが。つか、そこに使用人がいる、いたんじゃないかっていうことは、無視していいことなんかなぁ。

 ともあれ、少女のようなベアトは屋敷から出たことがなく、ローザは一緒に外にいこうと誘いだす。
 で、どんくさくベアトは崖から落ちて亡くなった…。
 その前に足滑らせてるんだよ。だったら、もうちょっと中のほうを歩けばよかろう。すごい強風が急に吹いてよろめいたとか、ちょっとそーいうの入れてほしかったなぁ。いや、そーいうのが全くなしで落っこちたあたりに、彼女が本当に屋敷から出たことなくてそれゆえに危険認知度が低く、運動能力もないってことをいいたかったのか??
 
 うーん。
 深読みしようとすると果てがないから困る。

 で、ベアトの魔女としての属性は、死んだベアトの肉体に封印されていて、彼女が死んだことによって魔女として蘇る。記憶が戻った、っていってたので、彼女自身もなぜここにいるのか、とかわかってないのかもね。

 そして、ここで今のベアトとバトラ登場。そして「この島に19人以上はいない」と赤文字になりましたよ。 
 で、バトラは自分たちの中に犯人がいるのかと、苦悩するわけだ。
 なんかこのへんはちょっとな。従兄妹たちはいい子だけど、親たちはどろどろしてるから財産目当てにってことは当然考えられるし、そう考えるほうが魔女を信じるかどうかより簡単だろうと思うんだが。身内を信じたい。でも魔女は信じたくない。
 大いなる矛盾だね。

 ベアトは第1の晩の最初の生贄に金蔵を選ぶ。
 それから、源治、シャノン、カノンを殺し…。煉獄の7杭、全員集合です。7杭は、郷田も殺し、あと一人と熊沢を殺そうとするが…。

 なーんと、熊沢の正体は先代のベアトリーチェだった。
 いやあ、これはびっくり。
 しかし、それならそれでなぜエピソード1&2であっさり殺されてたんだ??

 と、ますます下品になるベアト。
 顔芸まで始まってしまって…。
 下品になっていってるのもなんかのフラグなのかなぁ。つか、そー思いたいですよ。うん。
 



うみねこのなく頃に 特装限定版ゴールドエディション Note.01 [DVD]
フロンティアワークス (2009-10-23)
売り上げランキング: 3291


スポンサーサイト



別窓 | うみねこのなく頃に | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<<狼と香辛料 Ⅱ>第12回最終回 狼ととめどなき涙 (感想) | マニアは無慈悲なオタクの女王 | 『07-GHOST(セブンゴースト)』第25回 最終回 真実は幾重にも重なる心の彼方に… 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |