FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
『花咲ける青少年』第23話 決別 【感想】
2009-09-28 Mon 14:03
 …花鹿、空気だったな。
 つか、もっとかわいそうだった、ユイ。帰国したならしたで、一言ぐらい言ってやれよ。遊びにきましたって、初日にルマティみてきゃーきゃーいっただけで終ってるって、本気で無意味だろう。

 まぁ、女性キャラをぞんざいにするので定評のある樹なつみでもの。
 むしろ、ここまでよくがんばったというべきかww

 で、タイトルの「決別」はなんのことかと思ったら、ルマティが兄に決別するって…。おい、まだ引きずっていたのか。つか、むしろここは兄にかわって自分が王位につこうと決意したところなんだから、決意とかにしたほうがよかったんじゃないっすかね。

 ともあれ、ルマティはアメリカにいることで、外から自国を見、マスコミ操作されていない情報を得て、ラギネイの危なさを認識する。
 うむ。
 ルマティに対して、へんにおべっか使ったり、隠そうとしたりなんてしそうにない、バーンズワース家。でもって、ルマティのまっすぐな気質。ここらを全部見越して、バーンズワースに預けたのなら、策士すぎるぜ、クインザ。

 ってことで、今回はクインザのターンです。
 人のいいふりをしながら、陰謀を張り巡らせていますよ。も、子安さまうますぎる。腹に一物隠してるという塩梅が、絶妙。
 クインザは、ただソマンドが退位すればいいとは思ってなくて、ルマティを王座にすえる時に一緒に国の腐った膿を出そうとしている。
 でもなぁ、クインザ、犠牲の上に輝く王座を据えて、ルマティに差し出しても、ルマティは王座の下にあるものを見てしまうよ。でもって、クインザのやったことを許すことはできないと思うよ。ルマティが王座につくときが、ルマティとの真の別れになってしまうと思うよ。
 それなのに、クインザ…。

 で、クインザは、ナジェイラのところにいき、さくっと陥落させちゃいますよ。
 所詮、彼女もクインザの前では、小娘でしかなかったか。

 あー、もう一人の小娘、花鹿は唐突にベランダでポエムちゃってますよ。
 でもって、リーレンといちゃついてます。
 よーするに、青い鳥はそばにいるよ、ってパターンなんでしょな。やれやれ。



 

花咲ける青少年 Vol.1 [DVD]
ケンメディア (2009-07-31)
売り上げランキング: 3550

花咲ける青少年VOL.2 [DVD]
ケンメディア (2009-08-28)
売り上げランキング: 8330

花咲ける青少年VOL.3 [DVD]
ケンメディア (2009-09-25)
売り上げランキング: 2464

花咲ける青少年VOL.4 [DVD]
ケンメディア (2009-10-30)
売り上げランキング: 3967

スポンサーサイト



別窓 | 花咲ける青少年 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<<うみねこのなく頃に>第14回 Episode3-3 positional play (感想) | マニアは無慈悲なオタクの女王 | 『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第25話 闇の扉 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |