1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
≪青い文学≫第12回最終回 「地獄変」 【感想】
2009-12-29 Tue 17:28
 ああああ、やっちゃったよぉって感じ。

 前の「蜘蛛の糸」からつながってます。処刑されたカンダダの遺体を見ていて男が、絵描きで、あのイカレテル王様に自分の霊廟のなかに絵を描くように申しつけられますよ。
 この国のありのままの姿を描けといわれて、結局絵描きが見たのは、この世にある地獄だった。

 ま、確かに王様いかれてるので残虐なことやってるし、王によってこの世の地獄は生み出されたものは違いないのだけど、でも、もっと市井の人々のささやかな幸せとかに目をむけてもよかったのにね。

 あー、壁の中に人柱として埋められた人間の遺体がでてきて、娘が「むごい」というんですけど、どーなんでしょうね。古今東西、土木工事で人柱はおこなわれてきたし、その時代その国に生まれた人間がそれをむごいと否定する価値観を持ってるもんなんでしょうかね。
 安易な演出のだめだめ例っすな。

 で、絵描きが地獄絵を描いてることに激怒する王に、娘はたてつくこと言って…。

 結局「紅蓮の炎の中でもがきくるしみながら死んでいく人が見たい」と願った絵描きのために、王は娘を謀反人として火刑にする。

 だーかーら、違うって。
 あああああ、芥川の世界観、ぐちゃぐちゃですよ。たしかに、何かに取りつかれた人間の悲劇、というくくりにはしてるけど、でも違う。でもって、娘は自己主張をしちゃいかん。流されるままに、理不尽に殺されるからこそ、芥川の虚無が「ぼんやりとした不安」があるだからさぁ。

 最後の絵は、結構よかったのになぁ。
 
 
 ともあれ、このシリーズ最終回です。
 全体的には面白かった。「人間失格」と「走れメロス」はとってもよかったです。ま、よーするに制作者が太宰のファンだったんだろうね。
 また、やってくれるといいなと思うけど、今度はあんまり奇をてらわないほうがいいと思う。うん、軸がぶれない程度にしてもらいたいです、はい。




青い文学シリーズ 地獄変/蜘蛛の糸 [DVD]
Happinet(SB)(D) (2010-06-25)
売り上げランキング: 10254

地獄変 (集英社文庫)
地獄変 (集英社文庫)
posted with amazlet at 09.12.29
芥川 龍之介
集英社
売り上げランキング: 17732

スポンサーサイト
別窓 | 青い文学 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<来年もよろしくお願いしますm(__)m | マニアは無慈悲なオタクの女王 | ≪青い文学≫第11回 「蜘蛛の糸」 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。