1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
≪とある科学の超電磁砲(レールガン)≫ #19 盛夏祭 【感想】
2010-02-15 Mon 10:48
 寮のイベントなんですって。

 で、寮生はメイド服で…。
 それでも下に短パンはいてる美琴。あれはあれで可愛い。
 まぁ、そんなこんなで皆やってきますよ。アンチスキルは警備できてるんですかねぇ。全く役にたってる感じないんですけど。と、土御門の妹が手伝いできてるんだけど…。彼女は、結局どっちサイドなんだ? 土御門は本当は魔術サイドでスパイとして科学サイドにきてたんだよね。その妹って?? つか、実際には妹っていうのも嘘なんだろうか。

 ともあれ、皆お祭りを楽しんでますよ。
 非常に普通で…。
 普通の女の子たちが、普通に楽しんでる、っていうのってなんか世の中の善良なものを無条件に信じたくなる光景だよなぁ。でもって、これを善良に描いてるのが素晴らしい。

 まぁ、そういう回なので、黒子の変態っぷりもちょっと抑え気味です。

 でもって、美琴はステージで何かすることになっていて…。
 緊張しまくってるところに、上条くん登場。いっつもタイミング悪いところに現れるのは、イマジンブレーカーのせいなんすかね。でも、美琴はこれで緊張がとけて…。
 ああああ、そりゃ恋する気持ちになっても仕方ないよねぇ。これはどーしたって上条くんが「気になるアイツ」になるよなぁ。

 ま、上条くんは記憶失ったあとっぽかったんですけどね。

 そして美琴は、ヴァイオリンを…。
 
 ええええ、彼女ヴァイオリン弾くんですかぁ、とびっくり。そんなとってつけたような設定をww
 美琴の演奏に、心奪われたみたいにぼうっとなってる黒子が可愛かった。黒子は、綺麗なものや美しいものをきちんと受け止める感性があって、それをきちんと描いてくれてるあたり、スタッフに愛されてると思うですよ。
 
 ホント、レールガン面白いなぁ。
 どう面白いかって説明するのが難しいんだけど、面白いです。最高ですよ。



とある科学の超電磁砲 第1巻 <初回限定版> [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (2010-01-29)
売り上げランキング: 17

とある科学の超電磁砲 第2巻 <初回限定版> [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (2010-02-26)
売り上げランキング: 68

スポンサーサイト
別窓 | とある科学の超電磁砲 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<『花咲ける青少年』第39話 最終回 約束の空【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | 「おおかみかくし」 第6回 恋 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
盛夏祭、常盤台中学女子寮が一般解放されるイベント。 なぜかメイド姿でお出迎え(笑) 記録係の黒子は美琴を激写、激写(^^; 招待され... …
2010-02-15 Mon 22:20 SERA@らくblog 3.0
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。