FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」第12話 最終回 ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 【感想】
2010-04-02 Fri 21:30
 1年半前、トランシルバニアの古城の地下でアキラが見たもの。
 それは、さくさんの棺の中にいれられたミナの体と、ミナそっくりでもちょっと大人な女と、それに追従する獣人だった。
 ミナちゃん、そっくりさんが「私とあの子だけ」って意味深なことを言ってますよ。
 うむ。
 ミナちゃんは、じつはクローンなんすかね。もしくは、イノベーター?ww

 と、ミナちゃんは神祖遺産とやらについて話を聞いてますよ。
 うーん。神祖の血っていうのは、まぁわかる気がする。が、全部を話すといいながらアキラパパは結局のところ肝心なところを話してはいないよね。

 三氏族がのりこんできたことで、ミナは結局彼らを支配下におくことに成功するのだけど、やっぱり誰か、何か傀儡とされているのかもしれないなぁ。
 神祖の血には逆らえないヴァンパイアであるのに、ミナに敵対しようとする勢力があるということは、彼女の力は絶対ではないってことなのか。
 でもって、それはアキラが地下で見たもの、そしてミナそっくりさんへとつながっていくのかな。

 で、アキラは、ドロップ少女と戦いますよ。
 彼女は虎人間でした。
 でもって、彼女の姫様はアキラが地下で見た人なんだとさ。
 …中の人がくぎゅぅだった彼女が、変身したミナを見て、三氏族に知らせるって電話したら彼女がでて、それを防いだよな。ってことは、ミナの子供体型はかりそめだと。彼女の主も知られてはまずいっていう立場であるんだろうか?

 戦いの中、絶体絶命になった時の「立て、アキラ。お前のミナはここにおる」っていうのに、感動いたしました。
 ほんと、気高い。
 女王とは、まさにミナちゃんのためにある言葉ですよ。

 アキラの勝利のあと、狡猾に場を仕切ることに成功したミナは、三氏族を膝まつかせることに成功する。
 しかしながら「大儀であった。内政にはげめ」と、断罪せず帰らせたのは、やはりそこまでミナの力が強大ではないってことなんだろうな。

 で、冷静にその場から出たのに、だんだんうろたえて、アキラに向かって走る姿のかわいいことったら。
 も、かわいすぎる。

 そして二人は、命つきるまでそばにいると約束するのであった。
 
 って、ホント、ミナちゃんは最高だったけど、アキラは空気だったな。
 なぁ、なにはともあれ2期希望ですよ。

 早いとこ、お願いしますm(__)m



ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第1巻 [Blu-ray]
メディアファクトリー (2010-03-25)
売り上げランキング: 1274

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第1巻 [DVD]
メディアファクトリー (2010-03-25)
売り上げランキング: 2135

スポンサーサイト



別窓 | ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<<Angel Beats!> 01、Departure 【感想】 | マニアは無慈悲なオタクの女王 | 「デュラララ!!」第12話  有無相生 【感想】>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第2巻 [Blu-ray]クチコミを見る ダンス イン ザ ヴァンパイアバンドいよいよ最終回・・・そして、衝撃の事実が明かされる!! ↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます! …
| マニアは無慈悲なオタクの女王 |